KISSの歴史を振り返る「地獄の博覧会」が開催されるよ★ 売り切れ必至な「ベロめくりカレンダー」にもご注目 / KSS EXPO TOKYO 2016

写真拡大

2016年10月13日(木)から31日(月)までの期間、東京のラフォーレミュージアム原宿で開催される「KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜」。

KISS メンバー全面協力のもと、約40年間という歴史を振り返るエキシビジョンの開催は、今回が初めてなんですって。

【貴重な品がずらり】

メンバー自ら提供したという記念品や衣装など、貴重なアイテムが約100点並ぶほか、ジーン・シモンズさんの自宅ミュージアムやポール・スタンレーさんの自宅アトリエを本邦初公開。

さらには メンバー所有の楽器が設置されたミニ・ステージセットで写真撮影ができるほか、1日数量限定「KISS 完全メイク体験」なーんて企画まであるらしくって、こりゃファンなら絶対に行っておかないと!

【グッズにも注目だよ】

見どころを挙げていくと盛りだくさんすぎてキリがないのですが、私が特に注目したいのは、ここでしかゲットできないオリジナルグッズの数々です。

数あるラインナップのなかでもっとも「欲しい!」と思ったのが、KISS のトリビアが満載、ジーン・シモンズさんの顔をフィーチャーした日めくりの「ベロめくりカレンダー」。税込で3000円です。

そしておなじくジーン・シモンズさんの口からびろーんとトイレットペーパーが出てくる、「トイレットペーパーホルダー」。こちらは税込2500円。

個人的には、特に日めくりカレンダーが気になってます。日付が記載されたベロ部分は、なんとシモンズさんのベロとほぼ実物大で、ベロ365枚すべてにエピソードやトリビアが書かれているんですって。なにこのじわじわ感。 “べろをめくる” という発想がとってもニクイし、インテリアとしてかなり優秀だと思うんです!

ほかにも、『鉄腕アトム』とコラボしたオリジナルTシャツなど、購買意欲をそそられるグッズばかり。メンバーの顔をイメージした、ハロウィンにぴったりなタトゥーシール、なんてものもあります。

【これを買うためだけに行きたい】

展覧会の内容および商品の値段など、詳細は公式サイトをチェックしてみてください。展示イベントに入場するにはチケット料金を支払わなければいけないけれど、ショップに入るだけなら無料らしいです。「グッズだけ購入したい」、「ちらっと見てみたい」という人にとっては、ありがたいです♪

お近くに行った際には、ショップだけでも立ち寄ってみると面白そうですよ〜。

参照元:KISS EXPO TOKYO 2016〜地獄の博覧会〜 [公式サイト、プレスリリース、Twitter]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る