写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ChatWorkは9月27日、同社のビジネスチャットツール「チャットワーク」上で、ビジネスマッチングサービス「ChatWorkコンシェルジュ」を提供開始したと発表した。2016年7月より試験的に提供していたが今回が正式運用となる。

ChatWorkコンシェルジュは、チャットワーク上でユーザーと各業界の事業者をつなぐサービス。弁当発注やコンテンツ制作、秘書代行など、ビジネスや業務上で発生するタスクをチャットワーク上で「ChatWorkコンシェルジュ」に相談すると、ユーザーと「ChatWorkコンシェルジュ」が選定した事業者をマッチングしてくれる。

ユーザーは、直接チャットで要件を送ることによって、事業者の紹介を受けられるため、電話をかける手間やメールの返信を待つことなく案件を発注できるという。一方、事業者はチャットワーク上から新規顧客を開拓できる利点がある。ChatWorkがユーザーを紹介するため、自社で営業やマーケティング活動をせずとも集客することが可能となる。

同社は今後、さらにカテゴリを拡充し、ビジネスで発生するニーズはすべてチャットワーク上で相談・解決できる状態を目指すという。また、企業公式アカウントの開設や、決済システム連携などの搭載を予定している。

チャットワークの価格(税別)は、フリープランが無料、個人事業主やフリーランス向けののパーソナルプランが月額400円/1ユーザー、企業・組織向けのビジネスプランが月額500円/ユーザーとなる。「ChatWorkコンシェルジュ」の利用料金は無料。

(山本明日美)