うさぎしんぼる展

写真拡大

浅草橋のギャラリー、TODAYS GALLERY STUDIOにて、うさぎの写真&物販を集めた合同写真&物販展「うさぎしんぼる展」が10月7日(金)から10月23日(日)まで開催される。

全15組のアーティストが参加し、約250点以上の作品を展示予定。会期中は撮影・SNSへの投稿は自由。

これまで、「ねこ休み展」、「鼻ぺちゃ展」など、SNSで人気のペットたちの写真展を企画してきた株式会社BACONンの次の企画は「うさぎ」。

ただ可愛いだけでなく、古来、様々な『しんぼる(象徴)』とにも用いられてきた。例えば、月のシンボル、速さのシンボル、さらにはセクシーさのシンボルとして、雑誌「PLAY BOY」のロゴにもなっている。

同展では、プロ・アマ関係なく、見ているだけで癒されるうさぎの作品をベースに、出展作家の『しんぼる』的なうさぎ作品を展示することで、新しいうさぎの『しんぼる』を発見してもらいたいと考えているとのこと。

飼いうさぎと野生のうさぎを専門に撮影・創作活動を続けている、プロ写真家・あおきたかしをはじめ、福田幸広、藤本雅秋と、普段合同展では見られない豪華な顔ぶれに加えて、Instagramフォロワー5万人超えのImai Tomoko(@moqsama)、mumitan(@mumitan)など、SNSで人気のクリエイターも参加する。

マニアはもちろん、どうぶつ好きな方にとって『うさぎづくし』な生の作品を見られる貴重な機会となる。また、先着2,000名には、オリジナルのうさぎポストカードをプレゼント。

<見どころ>
○あおきたかしが草原とうさぎを再現した、立体作品を展示
「うさぎと草原と」うさぎの主食は草です。草が大好きです。このオブジェで、草原に隠れるうさぎを表現しました。ゆっくり一周回ってください。草原はキラキラ輝き、うさぎは角度によって見えたり見えなかったり。2,115本の金属の草原。実は1本だけ、生えていない場所があります。さあ、うさぎに気を取られずに、あなたは見つけられますか?

立体展示は2回目になりますが、中に埋め込まれた写真はすべて初めてご覧いただくものです。
前回は野生のノウサギの写真を使いましたが、今回は会の目的にあわせ、ペットうさぎを牧草地で撮影してきました。(作家コメント)

○動画コーナー
SNSで不動の人気を誇る『うさぎ界の神』とも崇められる「モキュ様」(@moqsama)が、ミニシアターで登場。同展でしか見ることのできない未公開動画はもちろん、人気動画も放映予定。

○会場限定グッズ&数量限定公式図録
物販では、会場でしか買うことのできない出展作家のオリジナルグッズから、物販作家によるハンドメイドグッズまで多数取り揃える。また、公式ガイドブック(300部限定)は、全出展作家の作品を網羅。展示作品はもちろん、未発表作品などを掲載したこだわりの内容。

<開催日時>
2016年10月7日(金)〜11月6日(日) 11:00〜19:00
※10月16日、会期延長決定
休館日 : 月曜日※10月10日(月・祝)「体育の日」は開館

<会場>
TODAYS GALLERY STUDIO
(東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)

<入場料>
500円/3歳以下は入場無料

<出展者>
15組(予定)

http://www.tgs.jp.net/usagisymbol.html

(2016年10月16日時点の情報)