radiko、「タイムフリー聴取機能」と「シェアラジオ」の実証実験を開始
radikoは 2016年10月11日(火)から、さらなるラジオメディアの価値向上とラジオ番組コンテンツの接触機会拡大を目的に、新たなラジオ番組の聴取スタイルである「タイムフリー聴取機能」(無料)の実証実験を開始する。

「タイムフリー聴取機能」は、radikoが開発したラジコの新機能で、ラジオ番組放送後、過去1週間に限り、いつでも後からお好みの番組を聴取でき、聴きたいラジオ番組をいつでも楽しむことができるというもの。この機能は無料・非登録制となっている。

なお、いち番組ごとに3時間の聴取可能時間がある。この聴取可能時間(3時間)とは、あるひとつの番組を選んで、その番組を再生した段階(再生ボタンを押した瞬間)から、 3時間が経過するまでの間、聴取することができるというもの。

またタイムフリー聴取機能では、特定のタレント出演番組やスポーツ中継など、権利上の問題で、一部聴取できない番組があるので注意しよう。また、各放送局の編成判断によって当該番組の配信を停止する場合がある。0

一方「シェアラジオ」は、タイムフリー聴取機能を活用して、お気に入りの番組をお友達にソーシャルメディアを通じてお知らせ、共有することができるというものだ。

なおこの機能実装に際して、特別番組「サントリー天然水presents宇多田ヒカルのファントーム・アワー」が放送される。

■シェアラジオ特別番組「サントリー天然水presents宇多田ヒカルのファントーム・アワー」
放送日時: 2016年10月11日(火)正午から10月17日(月)まで
各放送局の放送日・時間は、本番組HPであるシェアラジオ特設サイトに掲載
放送局 : 民放連加盟ラジオ101局
制 作 : 民放連ラジオ委員会
出演者 : 宇多田ヒカル
番組時間: 約1時間
※ラジコに参加していない放送局では、番組名や内容の一部を変更して放送。

■シェアラジオ特設サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・「ダービースタリオン マスターズ」で女性ジョッキートークショーを開催【TGS2016】
・TGS注目のタイトル「V!勇者のくせになまいきだR」【TGS2016】
・東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録【TGS2016】
・東北の未来につなげる年賀状を作ろう。「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」を開催
・20周年を迎える「東京ゲームショウ2016」が開幕