10月1日にU-17W杯の初戦ガーナ戦を迎えるU-17日本女子代表は25日、U-17ベネズエラ女子代表とフレンドリーマッチを行い、5-0で快勝した。

 日本は前半19分にFW遠藤純が先制点を挙げると、前半終了間際の45分にも遠藤が決め、2-0で前半を折り返す。後半も勢いは止まらず、後半2分と22分にMF千葉玲海菜が加点し、後半アディショナルタイムにFW植木理子がダメを押した。

 U-17W杯に弾みをつけた日本は、26日以降もトレーニングを行い、10月1日にガーナ、4日にパラグアイ、8日にアメリカとグループリーグを戦う。


●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集