お酒は?

写真拡大

大相撲秋場所で全勝優勝した豪栄道が生出演した。スタジオに拍手で迎えられて、やや緊張気味。司会の夏目三久に「場所中はお酒をひかえていたそうですね」と水を向けられると、「きのうはちょっと・・・少しだけです」と恥ずかしそうに答えた。

大阪出身力士の優勝86年ぶり!号外も出る大騒ぎ

日本人力士の全勝優勝に加えて、大阪出身力士の優勝は86年ぶり、負け越せば関脇転落となるカド番大関の優勝は初めてと話題を集めた。大阪では号外が配られ、東京でもきのう26日(2016年9月)のパレードにはファンが列を作り、部屋の前には500人がつめかけた。

野球解説でけさスタジオに来ていた中畑清・前DeNA監督も、「豪快で、雰囲気を持っている。カド番からの勝ち方を教わりたいね」と称えていた。

豪栄道は「優勝は考えもしなかったです。千秋楽は気持ちが緩んだが、最後はしっかりといい相撲をしようと思いました」と話す。カド番からどうして強くなったのかという問いには、「いろんな経験があるし、順調に稽古もできていたので、気持ちも良い方に働いた」という。

来場所は綱とり「稽古をし、いい準備をして臨みたい」

優勝を意識したのは「13日目の日馬富士戦に勝ってから。いろんな人に言われて」と語った。来場所は綱取りがかかる。この話題になると「考えられないですけど、稽古をし、いい準備をして臨みたいです」といい、「好きな女性のタイプは前に出すぎない人」とリップサービスもあった。