″おもしろ絵本作家″西野亮廣の新作個展が神宮前で開催、2千万円超の資金調達で入場無料に

写真拡大

 絵本作家としても活動するキングコングの西野亮廣(にしのあきひろ)が、新作絵本「えんとつ町のプペル」の発売を記念した展覧会を神宮前のセゾンアートギャラリー(SEZON ART GALLERY)で開催する。会期は11月3日から30日まで。 西野亮廣の新作個展が神宮前にの画像を拡大

 「えんとつ町のプペル展」は、ペン一本で描くモノクロ作品が特徴である西野亮廣がオールカラーで発表するデジタル原画展。絵本は「みんなで作ろう」をコンセプトに初の試みとなる分業制を取り入れ、イラストレーターやクリエイターなど総勢33名とともに4年半の歳月を費やし制作された。会場ではLEDを使った光る作品を展示する予定で、照明を落とし幻想的な空間を演出する。作品は購入することが可能。設定資料や過去の作品の原画なども同時に公開される。会期中はトークショーやギター発表会などの関連イベントが行われる。 「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」では、入場無料にするためのクラウドファンディングを実施。9月27日時点で目標金額を大幅に超える2,100万円超の資金調達に成功している。■えんとつ町のプペル展会期:2016年11月3日(木)〜11月30日(水)会場:SEZON ART GALLERY 1F   東京都渋谷区神宮前3-6-7営業時間:1F Atelier/Gallery 11:00-18:00     B1 Cafe & Dining Bar 367° 11:30-26:00     B2 Gallery 11:00-18:00休館日:不定休クラウドファンディング