5分でエイジングケア「自宅でできるリンパマッサージ」3箇所

写真拡大

同年代の友人で集まったとき、「老化や病気の話が増えてきたな」と思うことありませんか?

特に女性はホルモンの減少とともに加齢を感じやすいもの。年齢とともに色々と悩みが出てくるのは辛いものです。「みんな一緒だから仕方ない」と思いつつ……やっぱり本音をいえば老化もしたくないし病気にもなりたくない!

「でも家事に育児に仕事に忙しいから……」とケアを諦めていた人に朗報です! 自宅で簡単にできる“エイジングケア”があるのです。それはリンパケア。

そこで今回は、リンパケアセラピストとして開業し女性の身体の悩み相談にも親切に応えてくれる加藤わかなさんにお話を伺いました。アンチエイジングにおける“リンパケア”の仕組みと、自宅で5分でできる“リンパケアマッサージ”を紹介します。

 

■1:リンパは血管とは違うの?

聞いたことがあるようで、実は違いがよくわかっていない人もいるのではないでしょうか?

血管とは別に皮膚のすぐ下に細かい網の目状に全身に張り巡らされている管があり、その中をリンパ液が流れています。

リンパがうまく流れていると、血管に流しきれなかった“老廃物・糖質・脂肪・乳酸”など老化や病気の原因になる不要なものを回収・排泄してくれるそうです。

 

■2:リンパケアマッサージの嬉しい効果

老廃物がたまり内臓に疾患が出てくると、皮膚にブツブツとした“できもの”ができるなど、目に見える症状が現れてきます。

こんな時に、リンパケアマッサージは老廃物の滞りを解消し綺麗にしてくれるので、“美肌”効果があるのです。また身体に悪い働きをする老廃物がなくなることで、“疾病の予防・免疫力アップ”につながります。

他にも、老廃物が流れリンパ液が循環しはじめることで、“むくみ・たるみ”にも効果があるそうです。

 

■3:“エイジングケア”やるならこの3か所

このように嬉しい効果がたくさんあるリンパケアマッサージ、自宅で手軽にできたらいいですね。実際にやるときの効果的なリンパ節の箇所を教えて貰いました。

リンパは体中を巡っていますが、リンパが集まったリンパ節は鎖骨やわきの下、太ももの付け根をはじめ、何か所かに限られます。

この中でアンチエイジングに効果的な箇所は以下の3か所です。

(1)左の鎖骨

ここはリンパの出口と呼ばれているそうです。出口が詰まっているとリンパ管全体の流れが悪くなってしまうので、まずはここから詰まりを取り除きましょう。

(2)太ももの付け根

足は第2の心臓と呼ばれ、血液やリンパ管の流れをつかさどる重要な場所です。

ケアの仕方は、肩幅くらいに足を開いて立ち腰骨の下あたりから恥骨に向けて、下から上に10回程度やさしくさすります(立っているのが難しい人は座りながらでも大丈夫です)。足首を上下させるとさらに効果がアップします。血圧の高い人や心臓が悪い人に効果的です。

(3)耳の後ろ

耳の後ろのリンパ節をマッサージすると顔全体の老廃物が流れます。“たるみ・むくみ”が解消されて、小顔になったりしわやシミの除去にも効果があります。

リンパは皮膚のすぐ下にあります。皮膚の表面を軽くさするようにマッサージするだけで十分効果があるそうです。また、ケアのあと白湯を飲むとデトックス効果が高まります。

 

いかがでしたか?

毎日5分で簡単にできるのでぜひ日々の生活に取り入れてみてくださいね。なお、はじめのうちは効果が出すぎて気持ちが悪くなる場合があるので、お風呂上りや飲酒後など血流が良くなった時間帯は避けた方がいいそうです。

効果が出たらお友達にも教えてあげてみてくださいね!

(ライター 大津留ぐみ)

 

【取材協力】

※ 加藤わかな・・・札幌市手稲区を中心に、リンパケア&ストレッチ・フラワーアレンジメント・花育・アロマクラフトなど不定期に開催。子どもと一緒に気軽に息抜きができるお家サロン「Body&heart house〜ほんわかな〜」

 

【関連記事】

※ お〜怖っ!なんと20歳も老けて見える「顔のあの症状」とケアマッサージ法

※ 薬以外で「鼻づまり」を軽くするリンパケアの方法とは?

※ 運動するほど痩せない!? 「リンパケアのプロはやらない」NGダイエット

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 飲ませてよかった! 渡辺美奈代もオススメの「驚きの成長促進ドリンク」とは

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

※ 昔は軽い女…!? 男性が幻滅する「乳首の黒ずみ」を解決する方法とは

 

【姉妹サイト】

※ 太パンツ流行の今こそ!1日3分で「華奢な足首を手に入れる」美習慣

 

【画像】

※ deeepblue / Shutterstock