オレ愛されてるな〜!多忙な夫との愛が深まる「妻の神フレーズ」4つ

写真拡大

旦那様が多忙を極め、一緒に過ごす時間が減って心がモヤモヤ。ついつい「なんでもっと早く帰ってくれないの!?」なんてイライラをぶつけたことありませんか?

仕事だとわかっているけど、寂しいという感情の吐き出し先を見つけるのは意外と難しいもの。でも、夫が忙しそうなときほど“愛を深めるチャンス”でもあるんです!

恋人時代は彼が忙しそうにしていても、決して「私と仕事とどっちが大事なの!?」なんて野暮な質問はぶつけませんでしたよね? あるいは言いたくてもガマンしませんでしたか?

夫婦も同様に、多忙な夫を責めてしまうのは、家庭と仕事を天秤にかけさせている危険な行為なんです。

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、“多忙な夫とラブを深めるためのとっておきのフレーズ”を4つご紹介していきましょう。

 

■1:笑顔で「お疲れ様」と労う

帰宅が遅い夫に、仏頂面で「おかえり」を言うだけだとしたらもったいない!

仕事でクタクタになっている夫には、努力をねぎらってあげる言葉をかけたほうがダンゼン喜んでもらえるんです。

夫婦になると、なかなか「お疲れ様」を言わないケースもあるようですが、疲れていそうなときほど「お疲れ様」効果は絶大!

「この笑顔のためなら、がんばれる」と家庭の良さを実感してもらえば、仕事の疲れも吹っ飛んで、ギュッとハグして甘えてくるかも…!?

 

■2:「デキる男って、かっこいいよ」と褒める

夫が忙しそうにしているならば、不景気でも仕事が集まってきている証。ビジネスシーンで信頼を勝ち得ている夫だからこそ、仕事が忙しいのです。

がんばっている自分を認めてもらえるのは誰だって嬉しいこと。だからこそ、「仕事が集まるってことは仕事がデキる男なんだ……。かっこいいね!」と全面的に認めてあげる発言をしてあげるのが効果的!

いきなり大袈裟に褒めるのもわざとらしいので、なにげない会話の中に、夫の努力を認めてリスペクトしている姿勢を出してみましょう。自分の努力に理解を示すあなたに、夫は信頼を寄せるはず。

間違っても「残業ばっかりしているみたいだけど、仕事できないんじゃないの!?」なんて罵ってはいけませんよ!

 

■3:「体調、大丈夫?」と気遣う

恋人時代に彼が多忙を極めていたら、カラダを気遣ってあげるのは基本の「き」。でも、夫婦になると面と向かって体調を気遣うシーンが減っているかもしれません。

ならば、夫が多忙なときこそ、大げさなほどに優しい言葉をかけてみて! 「俺って愛されてるなぁ」と感じた夫は嬉しくなって、二人のラブが深まること間違いなしです。

恋人に心配されるより、妻に心配されるほうが“ココロに刺さる”という男性って意外と多いんですよ。

 

■4:「週末はゆっくり家で休もう!」と勧める

仕事が多忙な夫は、週末は自宅で英気を養いたいと考えていることも少なくありません。

けれども、家族サービスのために「週末は遊園地に行って外で食事でもするか」と無理してくれている可能性だってあるんです。

夫が多忙を極めているのがわかっている時には、妻のほうから「週末は家でダラダラしない?」と提案してあげると「コイツ、わかっているなぁ」と夫を超絶喜ばせることができるんです!

 

いかがですか?

多忙で家をあけがちな夫には、“北風と太陽”が効果的。乾いた風荒ぶ社会の中で、家族のために懸命に戦っている夫。だからこそ、妻は家庭内で太陽のように明るさと温かさを与えあげると、夫婦の愛が深まるんです。

一方的に寂しさをぶつけて勢いで罵ってしまうのは、忙しい夫をもっと疲れさせ、心が離れていくのでご法度ですよ。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 夫が妻に「頑張りを認めてほしいこと」ランキング1位は?

※ 「パパ今日はいいにおいするね」浮気調査でクロになった夫の臭い3事例

※ 夫婦円満になる「出産してもなおセクシーさを保つ」秘訣3選

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

 

【姉妹サイト】

※ 「先輩ついていきます!」後輩から支持される人の共通点5つ