アートのように美しい、創作ガレットが人気!荻窪のクレープリー「コム デ ジュルノー」

写真拡大

東京・荻窪の「comme des journaux(コム デ ジュルノー)」は、オリジナリティあふれるガレットやクレープが味わえるお店。本場フランスの生地を再現し、季節の食材を美しくデコレーションしたメニューは、地元をはじめたくさんの人を魅了しています。

季節の食材を取り入れたガレット&クレープ

JR荻窪駅の北口から歩いて約5分。多彩な飲食店が集まることぶき通り商店街に、「コム デ ジュルノー」はあります。
フランスや東京のレストランで、アシェット・ディセール(皿盛りデザート)づくりの経験を積んだ矢田さんが、2009年に開いたお店です。
店名の「comme des journaux」は、「新聞のような」という意味のフランス語。毎日、新しいニュースを届けてくれる新聞のように、季節の移り変わりを料理で表現できたら、という思いから付けたそうです。

キッチンに近いカウンター席に座ると、生地を焼き上げるよい香りがただよい、期待で胸が高まります。

そばの香りが際立つ、こだわりの生地

ガレットの生地には、そばの実を皮ごと粗挽きにした、香りの強い粉を使っています。さらにそばの香りを引き立てるため、シードルをプラス。厚さは、トッピングする食材の風味が消えないよう、ガレットの本場ブルゴーニュ地方と同じく、薄くしています。

ガレットのメニューは週替わりです。
8月に登場した「海老と赤い野菜のサラダ グリュイエール」(850円)は、グリュイエールチーズを包んだ生地の上に、オレガノをあえた海老やトレビス、紅芯大根などのサラダをトッピングした逸品。ほどよい塩気のチーズ、オレガノ風味のサラダが絶妙にからみ合っています。シードルなどのお酒と一緒にいただくのもよさそうです。
ランチタイムには、季節がわりのスープやオードブルが付くお得なセットメニューもあるのでおすすめですよ。

イチジクのコンポートが愛らしい、季節限定クレープ

ほのかに甘い香りのする生地をベースに、旬のフルーツを盛りつけたクレープも人気です。
8〜11月限定の「イチジクのコンポート ハイビスカス風味 レモンクリーム」(570円)は、天空をはばたくようなイメージで盛りつけたイチジクコンポートがかわいいメニュー。レモンクリームとハイビスカスのソースがさわやかな後味です。ナイフを入れたときに、コンポートの中からレモンクリームが流れ出る演出にも驚かされます。
テイクアウトできるクレープもあるので、散歩の途中で食べるのもよさそうです。

ワサビなど和の食材を使うことにも積極的な矢田さん。訪れる度にどんなガレットを食べられるのか、楽しみが広がります。

ブログでは、週替わりガレットや季節のクレープを紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ことりっぷの最新記事