知人から好きな人へ“飛び級”させちゃうミラクルテクニック5つ(photo by Andrey Kiselev/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】今は彼氏でも、元々出会う前は他人で出会った直後はただの知人です。しかし、出会ってからどんどん親密になり交際に発展する男女はたくさんいます。その一方で、知人同士である期間が長すぎてなかなか友人になれず、ましてや交際なんてとんでもない…と悩んでいる女子も多いよう。

【他の記事を見る】男性に聞いた「イイ女の条件」ベスト5

今回はそんな、今は知人でしかない彼の中で自分を一気に好きな人まで飛び級させちゃうテクニックをご紹介したいと思います。

♥彼に自分の好意を気づかせる


ある程度の容姿があり、ある程度の社交性があるならば、交際への壁はそんなに高くありません。

そして、人は自分に好意を抱く人を好きになりやすい傾向にあります。

ということは、あなたが彼の思う交際相手の基準さえクリアしているのなら、あとは彼への好意をアピールすればいいだけのこと。

食事やお出かけに誘ったり、とにかくさっさと好意に気づいてもらいましょう。

♥敬語から、ふとタメ口へ


男性は社会に出ている場合、初対面からタメ口の女性に好意的ではありません。

しかし、敬語で話し続ける相手に恋愛感情は抱きづらいのもまた事実…。

そういう場合は、まず最初は敬語で話しておいて、彼が共感してくれるような話題になったときに、ふとタメ口で話してみましょう。

例えば、相槌。

今までは「はい」「ええ」だったものを「うん」にするだけでもぐっと距離が縮まって、そのまま仲良しになれること間違いなしですよ。

♥すごく簡単なプレゼントをしてみる


プレゼントは特別な意味合いを持ちますが、相手に送ることは簡単にできますよね。

しかし贈られたほうは、それがどんなものでも相手を意識してしまうもの。

今は知人でしかない彼に、ハンカチ1枚でもいいのでプレゼントしてみましょう。

何かしら理由づけて、何かのお礼というように。

そうすると一気に距離が縮まり、好意を抱かれる可能性がぐっと高くなりますよ。

♥お酒の力を借りて…


知人同士の飲み会で彼と遭遇したら、ぜひお酒の力を借りてみてください。

多少の無礼講はお酒のせいにしてしまいましょう。

しかし自分は絶対に飲まないこと。

飲んだフリをしてシラフでいてください。

そして、酔っ払ったフリをしてすごく冷静に酔っ払った彼にボディタッチしたりと距離を縮めてみてください。

相手は酔っ払っているけど自分はシラフのため、状況を冷静に見つめることができ、一気に彼の心を掴むのも容易になりますよ。

♥ものを貸し借りする


会う回数が多いほど、相手は自分のことを好きになります。

この心理を利用して、彼の趣味をリサーチし、それに関して貸し借りを続けましょう。

ベストは書籍。

相手の趣味が読書だと聞いたら、すかさず本を借りるか貸すかしてください。

趣味の話で盛り上がることで距離はぐっと縮まる上、相手の持ち物を借りるという行為は自分のテリトリーを許す行為でもあるため、相手に好意を抱かれやすくなるというわけです。

いかがでしたか?

最初はみんな知人どうしでしかありませんが、恋愛上手な女子は双方の距離を縮める速度がとっても早いんだそうですよ。

少しでも気になる彼に好意を抱いてもらえるようになるといいですね。(modelpress編集部)