『ファインディング・ドリー』 (C) 2016 Disney/Pixar

写真拡大

この夏、興収60億円を突破する大ヒットとなったディズニー・ピクサー最新作『ファインディング・ドリー』。そのデジタル配信が11月15日より先行スタートとなり、さらに11月22日にはMovieNEX(4000円+税)のリリースと、ブルーレイ、DVDレンタルが同日開始されるのに伴い、MovieNEXに収録されているボーナス映像の一部が解禁となった。

[動画]『ファインディング・ドリー』にもピクサーおなじみの隠れキャラが登場していた!

本作は、カクレクマノミの“マーリン”がナンヨウハギの“ドリー”とともに、愛する息子“ニモ”を救出した前作『ファインディング・ニモ』から1年後が舞台。今回の主人公は忘れんぼうのドリーで、なんでもすぐに忘れてしまうドリーが、ただひとつ忘れなかった家族の思い出をもとに、パパとママを求めて、親友のニモ&マーリン父子と一緒に大海原に探しに行くというストーリー。

途中、ウミガメのクラッシュやエイ先生など、おなじみのキャラクターはもちろん、タコやジンベエザメ、シロイルカなど、ユニークな新しい仲間も加わり、前作以上に壮大でドラマチックな冒険が描かれた感動の冒険ファンタジーだ。

この『ファインディング・ドリー』にも、実はピクサー作品ではおなじみの隠れキャラクターが登場していた。ということで、今回、解禁となったのは、そんな隠れキャラが登場するMovieNEXのボーナス映像の一部。

最初に隠されていたのは、『トイ・ストーリー』シリーズのピザ屋、ピザプラネットのトラック! ドリーが海底をさまよっていると、『トイ・ストーリー』シリーズのアンディ一家がよく利用するピザ屋・ピザプラネットのトラックを発見。まわりと同化していて見つけにくいのだが、MovieNEXなら何度でも見てチェックすることができる。

そして、もうひとつが、ピクサー作品のオープニングでおなじみの電気スタンド、ルクソーJr.のボールの模様! ドリーを乗せたハンクがトラックを運転して暴走するシーンで、ピクサー作品のオープニングで登場するルクソーJr.が遊んでいるボールのマークがハンドル中央にしっかりと描かれている。手に汗握るスリリングなシーンにも、ピクサーならではの遊び心がしっかりと散りばめられているのだ。

ほかにもMovieNEXには、ボーナスコンテンツ用オリジナル短編や、非常に珍しいCGエラー映像集、メイキングや未公開シーンなど、充実のボーナス映像が多数収録されている。また、初回限定オンパックとして、見る角度で絵柄が変わる<ドリーのミラクル!3Dカード>付き。

さらに11月15日からは、対象商品を購入して応募すると、2017年春に東京ディズニーシーのポートディスカバリーに誕生する、新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」のプレビューに50組100名様を抽選で招待するキャンペーンもはじまるのでお見逃しなく!