ストレス社会に負けない!「漠然とした不安」を追い払う方法3つ

写真拡大

ストレス社会で生きているなかで、突如“漠然とした不安”に襲われることはないでしょうか?

夜お布団に入り、電気を消して周りが真っ暗になったとき、将来に対する不安などに突然胸が締め付けられそうになること、ありませんか?

結婚のこと、仕事のこと、お金のこと、両親のこと、そして子どものこと……。

「きっと大丈夫」とそう自分に言い聞かせても、一度現れた不安はそう簡単に消えるものではありません。

寝不足の日やホルモンバランスが崩れている時などにとくに顕著に現れる不安。そんな風に不安に襲われては余計に眠れなくなるという、負のスパイラルに陥ってしまう方もいるかもしれません。

そこで今回は、海外サイト『CalmClinic』を参考に、ストレス社会で生きる働き女子におすすめしたい、漠然な不安を追い払ってくれる3つの簡単な方法についてご紹介します。

■1:呼吸を整える

何かに不安を感じているときや、不安で夜が眠れないとき、あなたの呼吸は浅くなっていないでしょうか?

海外サイト『CalmClinic』によると、浅い呼吸と不安とは切っても切れない関係にあるのだとか。“鶏が先か、卵が先か”になってしまいますが、不安になれば呼吸は浅くなり、また浅い呼吸は不安を募らせる結果になってしまうのです。

そこで同サイトが紹介しているのが、呼吸を整える方法。鼻からゆっくり息を吸い、3〜4秒間息を止めて、口からゆっくり息を吐くというプロセスを、10〜20回繰り返すのがいいのだそうです。

このとき、5秒から7秒かけて鼻から息をゆっくり吸い、7秒から9秒かけてゆっくり息を吐くのがいいのだとか。

なかなか意識をしながら呼吸をすることはないかと思いますが、何か不安に感じたり、仕事の関係でプレッシャーを感じたりするときは、ぜひこの呼吸を整えるプロセスを実践してみるといいかもしれません。

家の中だけでなく、職場でも、あるいは通勤途中でもできることかと思いますので、漠然とした不安に襲われたときは、ぜひ思い出してください。

■2:好きな方法でリラックスをする

“息を整える”ことと同じように大切なのが、“リラックスをする”ということ。

“お風呂にゆっくり浸かる”“アロマを焚く”“海に行く”“公園でぼーっとする”など、様々なリラックス方法がある中で、あなたは何をすることで一番心が落ち着くでしょうか?

なぜかテンションが上がらなくて、何もする気が起きなくて、ため息が自然と出てしまうようなときってあるかと思いますが、そんなときはきっと呼吸も浅く、漠然とモヤモヤしたものが頭の中を巡っているかと思います。

そんなときこそ自分をリラックスさせ、気持ちを落ち着かせるための行動をとることが必要です。

お風呂が好きであれば、新たにいい香りのするエッセンシャルオイルなどを購入して 、思う存分お風呂を楽しみましょう。紅茶が好きであればいつもより少し高めの紅茶を購入して、夜のデザートと一緒にゆっくり味わうのもいいのではないでしょうか。

好きなことをしながらリラックスすることで、「はぁ〜」と心地いいため息が出ますよね。そのため息とともに、不安や焦り、プレッシャーなどの心に負担がかかるようなものを吐き出してしまえばいいのです。

こういったリラックスタイムは平日の夜も、または休日の時間にもできるはず。

いろいろと工夫を加えて、自分の心と体を労わるリラックスタイムをぜひ作ってみてください。

■3:恋をする

意外に思った方もいらっしゃるかもしれませんが、漠然とした不安を払拭させる上で、“恋をする”ことはとても有効なのだといいます。

海外サイト『CalmClinic』によると、好きな相手と触れ合うことや、エッチをすることでエンドルフィンと呼ばれる“幸せホルモン”が分泌され、心と体がよりリラックスした状態になるのだとか。

たしかに好きな相手とくだらない話で笑いあったり、手をつないだり、いちゃついたりすることで気持ちがほぐれていくような気がしますよね。

お互い多忙であれば会う時間もたくさんはとれないかもしれませんが、ふたりっきりで会うときは、手をつなぎ、腕を組み、たくさん触れ合う方が、お互いのためにもいいかと思います。

“不安を解消させるために恋をする”なんていう必要はありませんが、恋人と、または好きな人とよりよい関係を築くためにも、ぜひラブラブな時間をより多くとってみてください。

以上、ストレス社会で生きる働き女子におすすめしたい、漠然とした不安を追い払ってくれる3つの簡単な方法についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

ストレス社会で生きていれば、誰もがときに襲われる“漠然とした不安”。何かはっきりとした原因があるわけでもないのに、ただテレビを消して、静かになった部屋で「さぁ〜寝ようか」とお布団に入ったときに、モヤモヤとした不安が襲ってくるものではないかと思います。

夜、とくにひとりでいるときにそんな不安に襲われたら、ただただ心細くなるばかりですよね。

そこでオススメしたいのが、今日紹介した不安を追い払う方法です。

“恋をする”というのはどうしても相手が必要になってしまいますが、“呼吸を整える”ことや“好きな方法でリラックスする”ことはたとえひとりであっても、そして平日の夜であってもできるはず。

自分の心と体をちゃんと労わるためにも、ぜひ日々の生活の中で取り入れてみてください。