26日、バッテリーの爆発問題でサムスンの最新スマートフォン「Galaxy Note7」の製品リコールが行われる中、同じサムスン製のタブレットPCの発火が原因とみられる事件が起こった。写真は英国・マンチェスター空港。

写真拡大

2016年9月26日、バッテリーの爆発問題でサムスンの最新スマートフォン「Galaxy Note7」の製品リコールが行われる中、同じサムスン製のタブレットPCの発火が原因とみられる事件が起こった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

米デルタ航空の関係者によると、24日午後(現地時間)、米デトロイトを出発しオランダ・アムステルダムに向かっていたデルタ航空138便が、機内で発生した煙の影響で英国・マンチェスター空港に非常着陸した。煙は、座席下に置かれていたサムスンのタブレットPCから出ていたという。非常着陸した機は破損した座席シートの交換作業を済ませ、約2時間30分後に離陸し目的地へ向かった。

事件の調査を行っている米連邦航空局は、問題のタブレットPCは同機の以前の乗客が機内に置き忘れたものとみている。サムスン電子は事件について「外部の要因が作用したものとみられ、Galaxy Note7との関連はない。デルタ航空と協力し調査している」とした。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「サムスンのロゴが見つかったら保安検査場で全部没収されそう」
「これは製品のバッテリーの問題じゃなさそうだ。Note7の問題があったから何でも結び付けられちゃうね」
「サムスンもこうしてつぶれるのか」

「無理なスケジュールで新製品を出すからこうなるんだよ。安全性の検査もろくにしないで…オキシー(有害物質を含む加湿器消毒剤を韓国で販売し多くの犠牲を出した企業)と同じじゃないか」
「わが国を代表する企業サムスンがイスラム国(IS)に奪われそうだ」

「国内だったら政府がもみ消しそうなものだが、外国だから大騒ぎだな」
「スマホの次はPCも?泣き面に蜂だね」
「国際的な赤っ恥」
「そのうちサムスンのすべての機器が機内持ち込み禁止になるだろう」(翻訳・編集/吉金)