西田栄喜(にした・えいき)   菜園生活「風来」(ふうらい)代表。大学卒業後、バーテンダーとなる。その後、ビジネスホテルチェーンの支配人業を3年間勤務。その後帰郷し、1999年、知識ゼロから起農。小さなビニールハウス4棟、通常農家の10分の1以下の耕地面積である30アールの「日本一小さい専業農家」となる。3万円で購入した農機具などで、50品種以上の野菜を育て、野菜セットや漬物などを直売。生産・加工・販売を夫婦2人でやりながら、3人の子どもたちと暮らす。借金なし、補助金なし、農薬なし、肥料なし、ロスなし、大農地なし、高額機械なし、宣伝費なしなど、“ないないづくし”の戦略で、年間売上1200万円、所得(利益)600万円を達成。基準金額95%未満でも105%超でも反省する「売上基準金額経営」を実践。地域とお客さんとのふれあいを大切に、身の丈サイズで家族みんなが明るく幸せになる農業を行う。著書に『小さい農業で稼ぐコツ』がある。【風来HP】http://www.fuurai.jp/

写真拡大

借金、補助金、農薬、肥料、ロス、大農地、高額機械、宣伝費ぜんぶなし!
しかも、夫婦2人、初期投資は143万円だけ!
なのに、年間売上1200万円、所得(利益)600万円も「幸せに稼いでいる」人物が、石川県能美市にいるという。
東京から金沢まで約2時間半、そこから在来線で30分。そこにそびえ立っていたのは……
ビニールハウス4棟、サッカーコートの半分、通常農家の10分の1の耕地面積=たった30アールしかない「日本一小さい専業農家」で、「菜園生活 風来(ふうらい)」代表の西田栄喜氏(48)。
かつてオーストラリア中をオートバイで走っていた西田氏は、元バーテンダー、元ホテル支配人だったという。
いま、風来では、「怪現象」が起きている。
それは、2000円の野菜セットに送料2800円(沖縄)出す人もいて、野菜セットは「3週間待ち」というのだ。
日本海を臨む「日本一小さい農家」で、いったい何が起きているのか? 
『農で1200万円!――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』が発売された著者に、置き方だけで、トウモロコシの糖度が3倍も違ってくる、という興味深いエピソードを語ってもらおう。

「朝穫れ野菜がうまい」は本当か?

 私が実体験しているのはオーストラリア、ニュージーランドだけですが、海外のスーパーマーケットというと、郊外大型店がメインでした。

 日本でも「コストコ」など、郊外型超大型店がありますが、それでも街中には大規模ではなく、中規模スーパーがにぎわっています。

 海外では、週に1度、1週間分をまとめて買い出しというのが主流で、私がオーストラリアでホームステイしていた家でも、週に1度、スーパーマーケットに行くのがレジャーの1つでした。
 それに対応して冷蔵庫も、日本では見たことのない大きさのものでした。

 日本でも、郊外型超大型スーパーマーケットが増えたとはいえ、まだまだ多くの方が毎日のように中規模〜小規模スーパーに通っています。

 この違いは、刺身など生鮮食料品の鮮度にこだわる国民性からきているのではないでしょうか。
魚に限らず、野菜の鮮度にこだわるのも日本人の特徴かもしれません。

 そんな新鮮でみずみずしく、おいしいというイメージの象徴が、「朝穫れ野菜」ですが、実際にはどうなのでしょう?

 野菜の味、それを大きく左右するのが、養分です。
 そして、養分は光合成でつくり出されています。
 昼の間につくられた養分の「糖分」「デンプン」「アミノ酸」などは、夜の間は実のほうに集まり(実を成長させるため)、日が昇ると、光合成を促進するため茎や葉のほうに戻ってしまいます。

 そして、植物の呼吸によって養分の消耗量が違ってきます。
 植物の呼吸は気温が上がるほど激しくなります。
 つまり、気温がすずしい朝方は、一番養分が保たれた状態になります。

 朝採りがいいとされている代表格と言えばトウモロコシですが、すずしい朝(厳密には夜明け直前)は、呼吸が少なく、養分が保たれているうえに実のほうに養分が移っている状態。つまり、甘味があふれているという点で見ると、実際理にかなっていると言えます。

 ただ前述のように、夜間は養分が実のほうに集まりますし、日差しがないと光合成ができにくいため、養分を生み出せず葉や茎はエグミが増すと言われています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)