写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●季節性のサイクル+夏バテが秋の抜け毛の原因
9月に入ってうだるような暑さも和らぎ、本格的に秋の季節到来となった。秋と聞いて連想しやすいものには「食事」「スポーツ」「芸術」などがあるが、実は「抜け毛」も秋と密接に結びついていることをご存じだろうか。

今回は、ホルモン補充療法などの施術を行い、女性の薄毛にも詳しいAACクリニック銀座の院長・浜中聡子医師に「秋と抜け毛」の関係性について伺った。

○栄養・睡眠の不足がさらなる抜け毛を促す

そもそも、なぜ秋に抜け毛が増えるかというと、「人間も犬や猫と一緒で、抜け毛のシーズンがあるからです」と浜中医師は話す。毛が生え変わるサイクルからして、どうしても秋は毛が抜けやすいというわけだ。そのうえで、そこに「夏バテ」という要素が加わることも抜け毛の増加に影響していると指摘する。

「例えば、『夏風邪でとても苦しんだ』とか、『胃腸炎で胃の調子が落ちて食欲が落ちていた』としましょう。そうすると、自然とそうめんや冷や麦などの食べやすい物を摂取するようになってしまい、糖質に栄養素が偏りがちになる一方で、たんぱく質の摂取量が落ちてしまいます。それで髪に栄養が行き届かず、だんだん抜け毛につながるというわけです」。

また、暑い夏にクーラーによる寝冷えを嫌がったり、部屋に冷房がなかったりしたら、暑さで夜中に目が覚めてしまい、質の良い睡眠を妨げることもある。となれば、自然と睡眠不足につながりかねない。栄養や睡眠が不足し、それにひきずられるように疲れがたまっていけば、季節性のサイクルと相まって一層、髪が抜け落ちやすくなってしまうというわけだ。

○秋は普段の約2倍の髪が抜けることも

では、具体的に抜け毛が「増える」といっても、どれぐらい増加するのだろうか。浜中医師によると、毎日80〜100本前後の毛が抜け落ちるそうだが、秋には「多い人では量が倍ぐらいになるのではないか」と話す。

「毎日洗髪をしていて80〜100本前後の毛が抜けるわけですが、洗う回数を減らしたからといって抜け毛が減るわけではありません。むしろ、2日も頭を洗っていなければ、抜け毛はもっと増えることになります」。

また、抜け毛が増える期間は最長で1カ月半ほど続く。その間、いつもより多めに抜けている髪の毛を自宅やオフィスで毎日見るわけだが、髪が長いとどうしても抜け毛が目立ってしまう。そして、その落ちた髪を見るたびに「ちょっと頭皮が危ないかも……」などの不安やストレスにさいなまれてしまうこともある。

そのため、秋に思い切って髪を短くする選択もお勧め。毛先が何かに引っかかって抜けるリスクが低減できるメリットもあるため、特に髪が長い女性の場合は一考に値すると言えるだろう。

●自然な抜け毛と病的な抜け毛は見分けられるのか
秋に抜け毛が急に増えると、「何かの病気かもしれない」などのように疑念を抱く場合もある。そんなときは、「自然な抜け毛」か「病的な抜け毛」かを判断する必要があるが、これは専門医でもなかなか難しいと浜中医師は解説する。

「例えば、円形脱毛症はごそっと毛が抜け落ちますからわかりますが、脱毛症にも種類がたくさんあります。女性に多い『びまん性脱毛症』一つとっても、『抜け毛が慢性的に続いて結果的に頭頂部が薄くなってきました』と話す患者さんもいれば、逆に『いつどこで抜け毛が増えたという印象は特段ないが、徐々に確実に頭頂部が薄くなった』という言い方をされる患者さんもいます。抜け毛の感じ方は人それぞれなので、円形脱毛症以外は自然な抜け毛と脱毛症による抜け毛の見分けがつかないのではないでしょうか」。

多くの症例を診てきた専門のドクターですら、増加する抜け毛が自然なものなのか、何かしら他の原因があるのかを判断するのは困難だという。だとすれば、医学的知識を持ち合わせない普通の人が見分けるのは不可能といってよいだろう。自分でも異常なくらいに脱毛を感じたのであれば、素人判断はせずに医療機関を受診したほうがよい。

○加齢による変化を受け入れる姿勢が重要

20代や30代前半は、体調の変化で季節の変動を感じるケースが少なかったかもしれない。だが、30代後半からは否が応でも体からの"サイン"で季節の移り変わりを知るようになる。そして、その"サイン"の一つが抜け毛なのだ。

あまりにも不自然な抜け具合ならば医師に相談する必要があるが、多少目立つぐらいならば加齢変化に伴う自然の摂理として、泰然自若で受け止めよう。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 浜中聡子(はまなか さとこ)

医学博士。北里大学医学部卒業。AACクリニック銀座院長。米国抗加齢医学会専門医、国際アンチエイジング医学会専門医などの資格を多数取得。アンチエイジングと精神神経学の専門家で、常に丁寧な診察で患者に接する。

(栗田智久)