写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)とCCCマーケティング(CCCMK)は9月26日、YouTube動画広告のターゲティング配信サービスを開始すると発表した。

新サービスでは、CCCMKが保有する実店舗の購買行動から推計した「興味/関心カテゴリ」や性別・年代別といった「デモグラフィックカテゴリ」を作成し、DACがCCCMKに提供するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)である「AudienceOne」を通じ、YouTube上でオーディエンスに適した動画広告の配信が可能という。

これにより、オンラインのWeb行動データだけに加えて、オフライン行動データを利用するカテゴリを生成してのターゲティング配信を実現するとしている。

同サービスでは、DACはCCCMKに対してAudienceOneを提供し、CCCMKはAudienceOneを介したターゲティング広告を運営し、両社で販売するとのことだ。

(山本善之介)