写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本と日立製作所は9月26日、対話型のヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した訪日外国人との質問応答の実証実験を、10月3日から10月28日にかけて、東京駅「JR EAST Travel Service Center(東京訪日旅行センター)」で実施すると発表した。

JR東日本は、今回の実証実験を通じて、駅空間でのロボットによる接客サービスを実現する上での技術的な課題を明確化させ、今後の研究開発に役立てる。

今回、「JR EAST Travel Service Center」内にロボットとディスプレイを設置。ロボットは対話する訪日外国人に合わせて、日本語・英語・中国語で質問応答し、回答は、ロボットからの音声案内に加えて、併設したディスプレイ上に画像や動画で表示する。

ロボットが対応する主な質問は、「東京駅を発着する列車の案内」「東京駅構内・周辺施設(外貨両替所、コインロッカー、トイレなど)」「東京駅周辺の観光名所(東京スカイツリー、浅草、皇居など)」など。

「EMIEW3」は、公共スペースや商業施設などにおいて接客・案内サービスを行うことを目的に日立が開発したヒューマノイドロボット。東京駅を利用する訪日外国人の質問に回答できるよう、ロボットによる駅空間での対話や案内の研究を両社が共同で行ったという。