糖質オフは半数がリバウンド!じゃあ太らない“砂糖”の選び方とは?

写真拡大

 糖質オフ、効果はいかに!?

「ゼロカロリー」や「糖質オフ」を掲げた健康食品・飲料が増え、便利で都合の良い時代になったと思いきや、ダイエット成功者はどのくらい増えているのでしょうか?

 今回はそんなお話。そして、糖質オフを作り出す合成甘味料(既存添加物・人工甘味料)の基本知識や、全く新しい概念「糖質スローオン」についてもご紹介してみたいと思います。

◆糖質オフはリバンドしやすいダイエット!?

 今年行われたダイエットに関する調査(※)によると、糖質オフ(制限)ダイエットを行った女性315人のうち、リバウンドをしてしまった人が約半数にものぼることが判明。また、体重の増減がなかった人を含めると、7割以上の人が効果なしという衝撃的な結果が出ています。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=592066

 さらに、糖質オフダイエットを実践したことで体調不良に陥った人は、半数以上(50.5%)という高確率。具体的な症状としては、集中力がなくなった、無気力になった、イライラしやすくなったなどの精神的不調が多く、便秘や肌荒れ、冷え性といった肉体的不調にまで及んでいることがわかりました。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=592069

 この結果をふまえると、どうやら「糖質オフダイエット=ラクしてカンタンに痩せられるダイエット法」ではなく、少なからず支障が出ているようです。

※ネオマーケティング「食事制限ダイエットに関する調査」2016年 
回答者:全国20〜50代の女性1880名(うち糖質オフダイエットを行った315名)

 それでは、本題の「糖質」の話に入りましょう。

◆砂糖に変わる「合成甘味料」は、どう選ぶべき?

そもそも糖質オフの大目的は2つ。
(1)カロリー制限
(2)血糖値の急上昇を防ぐ・インスリンの分泌を防ぐ

 これまで(1)と(2)を満たすために砂糖の代わりとして、様々な合成甘味料が出回っています。今回は代表的なものについて整理してみました。

※興味のない人は読み飛ばして、2ページ目に進んでください。

【天然由来】
・エリスリトール
果実、キノコ、発酵食品に含まれる糖アルコール。カロリーは0kcal/g。「希少糖」というネーミングで使用されている場合が多い。安全性が十分に高いと国内外から認証されている。(三菱化学フーズ)

・羅漢果(らかんか)
中国に自生するウリ科の植物で、これを高純度にしたものをエリスリトールと合わせてカロリーゼロの甘味料「ラカント」が発売されている。(サラヤ)

・キシリトール
樺(かば)や樫(かし)の木から抽出される原料に水素を添加して作られる糖アルコール。カロリーは砂糖4kcal/gに比べて3lcal/g。イチゴやカリフラワーなどの果物・野菜にも含まれている。虫歯予防効果が証明されているため、ガムなどに使用されることが多い。(ロッテ)

【完全なる人工合成系】
・アスパルテーム
アミノ酸を結合させて化学合成される、最もメジャーな人工甘味料。甘味の強さは砂糖の200倍のため、多くのゼロカロリー食品・飲料などに使われている。有名な商品は、「パルスイート(R)」。

・スクラロース
砂糖に塩素分子を3個加えて製造される人工甘味料。甘味の強さは砂糖の600倍。アスパルテームなどと同様に使われる他、スナック菓子などにも入っていることが多い。(三栄源エフ・エフ・アイ)

 これらの甘味料については、国が食品添加物として使用を許可しているもので、1日の摂取許容量などが決められています。ネット上では安全性の議論がされていますが、各自がしっかり情報収集をして、どうすべきかを決めていかれると良いかもしれません。