欧州初の「ビールが飲める水飲み場」スロヴェニアにオープン

写真拡大

スロヴェニアの小都市ジャレツの中心部に、5つのビールサーヴァーを備えた興味深い設備が設置された。この設備、通行人にビールを供給することができるという。

スロヴェニア中央部の住民2万人あまりの小都市ジャレツで、ヨーロッパ最初の「Pivska Fontana」が公式に開始されることとなった。これはつまるところ「公衆水飲み場兼ビールサーヴァー」だ。ありきたりな水の代わりに、通行人に何口分かのビールを供給できる。

「欧州初の「ビールが飲める水飲み場」スロヴェニアにオープン」の写真・リンク付きの記事はこちら

子どもや動物が酔っ払う心配は無用だ。というのも、この興味深い設備を動かすには、マイクロチップを搭載した専用のジョッキが必要だからだ。

専用ジョッキはその場で6ユーロ(約680円)で購入できる。水飲み場に備え付けられた5つのビールの泉が、それぞれ金色のネクタル(ギリシャ神話に登場する神々の飲み物)を噴出させる。ただし、これは(専用ジョッキの)マイクロチップにのみ反応するもので、その使用も最大5回に限られる。

量がいくらか控えめなため、酒飲みは異議を唱えるかもしれない。しかし、市長のヤンコ・コスは反論する。

「わたしたちは、人々を酔っ払わせたいわけではなく、ビール消費の文化を推進したいだけです」。よし、この前例のない都市建築作品に乾杯しようではないか。

RELATED