携帯電話のつながりにくい場所に「LTEドローン」を! AT&Tの空飛ぶアンテナ計画

写真拡大

携帯電話基地局の点検にドローンを利用し始めた、米通信大手会社のAT & T。同社は、いずれ大型イヴェントでのモバイルデータ供給のためにもドローンを活用したいと考えている。

「携帯電話のつながりにくい場所に「LTEドローン」を! AT&Tの空飛ぶアンテナ計画」の写真・リンク付きの記事はこちら

AT & Tは、携帯電話基地局の点検にドローンを利用し始めた。さらに同社は、今後大規模なイヴェントでモバイルデータをより多く配信するためにもドローンを利用したいと考えている。

ドローンを使えば「より素早く安全に点検を行うことができ、人の目には届かない部分も見ることができる」と、AT & Tは7月14日付けの発表で話している。ドローンが、ネットワークサイトのデータを入手してAT & Tのシステムに送ってくれるので、ネットワークへの変更を「リアルタイムで」行えるのだ。

さらに、AT & Tはインテルと提携して、LTE接続されたドローンのテストも行っている。万事順調に行けば、AT & Tのドローンは「混雑した場所においても、LTEによる無線通信範囲を一時的に強化することが可能なので、その場所にいる大勢の人々が同時に写真や動画を送り、その瞬間を共有することができる」と同社は言う。

これを可能にするのが、大型イヴェントでLTE通信サーヴィスを提供したり、迅速な災害対策のために必要なネットワーク接続を提供したりできるドローン「Flying COW」だ。なお、「COW」は、よくある「Cell on Wheel」(車載型基地局)ではなく「Cell on Wing」(飛行型基地局)の略である。「Flying COWなら、車両が目的地まで行けないときでも、通信サーヴィスを提供できるかもしれない」とAT & Tは話す。

RELATED