玉城ティナさんとのコラボレーションモデル

写真拡大

リーボックは、歴代の名作を中心に展開するカジュアルライン「リーボック クラシック」において、ブランドアンバサダーであるモデルの玉城ティナさんとコラボレーションした「GL 3000 玉城ティナモデル」を2016年9月24日より全国のABC-MART限定で発売した。

「GL 3000 玉城ティナモデル」のベースとなるのは、1985年にランニングシューズとして登場した「GL 6000」を現代風にアップデートした新しいモデル。昨シーズン初登場した「GL 3000 玉城ティナモデル」は、発売するやいなや大反響のうちに完売したという。今シーズンは、玉城さん自身がブラックとノーブルブルーといった世代を選ばない色をベースカラーにチョイスし、様々なコーディネートに合わせやすい配色に仕上げた。

玉城さんは、1997年生まれでアメリカ人と日本人のハーフ。12年7月に新人アイドル発掘オーディション「ミスiD2013」でグランプリ受賞後、雑誌『ViVi』の専属モデルに抜てきされた。商品については、「秋らしく、ひざ丈のスカートに合わせてもかわいいし、友達同士色違いで揃えても、さりげなくてかわいいですね。さまざまなスタイリングが楽しめるので、この秋の着こなしのポイントとしてぜひ取り入れて欲しい1足です」とコメント。

カラーは2種類を用意。希望小売価格は各7800円(税抜)。