UAE戦では本田のゴールも空しく1‐2の逆転負け。この黒星も、厳しい道のりを示す根拠のひとつになる。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 日本はこのままでロシア・ワールドカップに辿り着けるのか。アジア最終予選の初戦で格下と目されたUAEに逆転負けを喫し、さらに「1998年のフランス大会以降、アジア最終予選で黒星スタートのチームは予選突破の確率が0パーセント」と不吉なデータもあることから、このところハリルジャパンの危機説をあちらこちらで耳にするようになった。
 
 確かに、UAE戦を「たかが10分の1の敗戦」と楽観的に捉えるのは危険だ。2戦目でタイに勝利したが、最終予選において勝点3が必須のホームゲームで引き分けにさえ持ち込めなかったのはやはり痛い。しかも、極めて重要な初戦で──。
 
 なにより懸念されるのは、精神的なダメージだ。勝ち星を重ねて狠金した後〞に黒星を喫した過去2大会の最終予選(ブラジル大会の最終予選は6戦目で、南アフリカ大会は最終戦で初黒星)と違って、今回はいきなり借金を背負わされた格好である。
 
 その分余裕がなく、「もう負けられない」というプレッシャーが大きなミスにつながる可能性はある。実際、数多くのチャンスがありながら2ゴールしか奪えなかったタイ戦の決定力不足も、余裕のなさが原因だったと、そんな見方もできなくはない。
 
 おそらく10月シリーズのイラク戦(ホーム)とオーストラリア戦(アウェー)は、「もう負けられない」というプレッシャーとの戦いにもなるはずだ。開幕2連敗で後がないイラクは死に物狂いで挑んでくるだろうし、一方で開幕2連勝のオーストラリアは紛れもなくグループ最大の難敵。強靭なメンタルが求められるこの2試合のうちひとつでも落とすと、日本は崖っぷちに立たされる。
 
 というのも、データで判断するかぎり、過去5大会のアジア最終予選で3敗以上したチームは本選に辿り着いていない。例えば、日韓大会のUAEはアジア地区プレーオフ、ドイツ大会のバーレーンは北中米&カリブ海地区との、南アフリカ大会のバーレーンはオセアニア地区との、ブラジル大会のヨルダンは南米地区との大陸間プレーオフでいずれも敗退。
 
 要するに、今回各グループの3位に入ってプレーオフの出場権を手にしたとしても、本大会への道のりは極めて険しいのだ。アジア勢にとって大陸間プレーオフは鬼門になっているのである。
 
●アジア地区プレーオフ(第1戦:17年10月5日 第2戦:17年10月10日)
最終予選の各組3位の2か国がホーム&アウェー方式で戦う。勝者が大陸間プレーオフに。
●大陸間プレーオフ(開催期間:17年11月予定)
アジア地区プレーオフの勝者が北中米&カリブ海地区の5次予選の4位(アメリカ、パナマ、 ホンジュラス、コスタリカ、メキシコ、トリニダード・トバゴのいずれか)とホーム&アウェーで 戦う。勝者が本大会出場権を獲得。
 ちなみに、過去5大会で大陸間プレーオフを制したのは、98年大会のイランだけ。当時オセアニア地区代表のオーストラリアを下した彼らも、アジア最終予選では爍嫁〞しかしていない。
 
 負け数はともかく、すでに1敗の日本は敵地のオーストラリア戦でさえ落とせない状況と言っても大袈裟ではない。なぜなら、スケジュール的に来年のほうが明らかに厳しいからだ。

 今年はホームゲームが3試合と比較的楽だが、来年はホームゲームが2試合のうえに、アウェーゲームの3試合がすべて中東なのである。前回の最終予選でも同じ中東のヨルダンに敗戦を喫している点を考えると、どこか頼りない今の日本代表では……。

 埼玉スタジアム2002での激闘を制して自信を得たはずのUAEに、果たして日本はアウェーで勝てるのだろうか。
 
グループBの順位表(9月6日現在)