秋の夜長に甘くとろけるお酒を。自家製チョコリカーの作り方

写真拡大

家で読書でもしながら、おいしいお酒をチビチビする贅沢は最高。ウイスキーにビールのチェイサーで楽しむ人もいれば、甘いカクテルを飲みながら溜めておいたDVDを見たり、お風呂上りに自分で作った梅酒をソーダで割るなんてアイディアもいいかも。秋の夜長をゆったり過ごすのに、ドイツで人気の自家製アルコールドリンクを加えてみてはいかがでしょうか。
ドイツ人女性も大好き「チョコリカー」
「チョコリカー」とはチョコレートをふんだんに使ったリキュール。チョコレートが大好きな女性にはぜひ試してもらいたいレシピです。濃厚なその味は、ドイツのおとなりの国オーストリアで産まれた「モーツァルト・チョコクリーム」にも相通ずるかも。材料も全て身近にあるスーパーでそろえることができるので簡単。女子会などのデザートとしても重宝すること間違いありません。

<チョコリカーの作り方>
材料・生クリーム 500g・エスプレッソ(インスタントのエスプレッソ) 大さじ2・粉砂糖 60g・料理用チョコレート ホワイト100gとビター100g・ブランデー 200ml作り方1、粉のエスプレッソと砂糖をよく混ぜ、小鍋で温めた生クリームの中に加えてよく溶かします。2、沸騰する前に火からおろし、細かく刻んだチョコレートを加えます。濃厚な味が好きな人はビターチョコレートの分量をホワイトチョコレートより多めにするのがおすすめ。3、粗熱をとり、指を入れて大丈夫な温度になったらブランデーを加え、良く混ぜます。4、消毒したビンに詰め、冷蔵庫でキンキンに冷やしていただきます。

パンケーキやアイスクリームにかければ大人のデザートになるだけでなく、オレンジピールやコショウなどを入れると変わったアクセントにも。質の良いチョコレートであればあるほどのど越しが良く、クセになるおいしさを発見できます。やはり手作りがなんでも一番おいしいなと感じる瞬間を味わえることでしょう。
photo by Thinkstock/Getty Images
あわせて読みたい
・南アフリカの気になるトレンド。ワッフルに入ったカフェって?・ゆるやかランニングで叶える、心地よい自分再発見(Sponsored)・幸せそうに見せてくれる「つや玉」とは?(Sponsored)

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。