25日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の戦国時代の武将らが使用していたよろいについて紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年9月25日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の戦国時代の武将らが使用していたよろいについて紹介する記事を掲載した。

記事は、よろいはもともと中国から来たもので、体を保護する実用性だけではなく、芸術的な価値もあると紹介。酒井忠次、前田利家、加藤清正、榊原康政、豊臣秀吉、伊達政宗、織田信長、徳川家康、本田忠勝、上杉謙信らが使用していたよろいの写真を紹介している。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「よくデザインされている。この美しさは認めるべきだ」
「芸術的な観点から見ると、よろいにしても刀にしても日本人の作るものはどれも美しい」
「日本のよろいや刀に芸術的価値があるのは世界が認めるところだ。多くの事務所や家によろいや刀が飾ってある」

「日本の文化保護の精神は学ぶに値する」
「よく保存されているな。わが国にはどれだけの名将のよろいが残っているだろうか」
「日本は優秀な文化を受け継いできた。和服、茶道、武士の刀、そしてよろいも」

「日本人が使うかぶとはみんな重そうだな」
「日本人は背が低いというのが一目で分かる」

「美しいは美しいけれど、本当に保護機能があるのか?」
「これじゃ目立ちすぎて狙われちゃうだろ」

「本田忠勝のよろいが一番かっこいいな」
「これってガンダムの原形か?」
「伊達政宗のよろいはナイキ製?」(翻訳・編集/山中)