坂上忍

写真拡大

26日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で北村晴男弁護士が、「不倫逮捕」の話題で、怒りを露わに熱弁する一幕があった。

番組では、「不倫したら逮捕されるべきか」というテーマで、外国人ゲストと出演者が議論を交わした。なお韓国の場合、不倫に関して昨年2月まで姦通罪が適用され、最長で2年の懲役が課せられたという。

この話題で、北村氏は「愛は自分の誠意や愛情で繋ぎ止めるものであり、相手を犯罪者にして繋ぎ止めようなんてとんでもない考えだ」と語気を強めた。これに坂上忍は「うまい!その通り!」と称賛。

さらに、北村氏が「法は家庭に入ってはいけない」と持論を展開すると、坂上はこれにも「なんかすっきりした」と同意する。ほかのレギュラー出演者からも、1度は愛した相手を警察に突き出すのか?といった意見や、家庭のことはなるべく家庭内で解決すべきといった意見が相次ぎ、スタジオは「異議あり」派の空気に染められた。

しかし、「不倫したら逮捕されるべき」の視聴者投票の集計結果が発表されるとムードが一変する。賛成47%、異議あり53%と、ほぼ半々の結果だったのだ。この結果に全員「異議あり」だったレギュラー陣がザワついた。

そんな中、北村氏は「考えられない結論ですね」「警察官が何百万人いても足りないですよ」「国家予算全部使わなきゃ」と怒りを露にして、投票結果にも異論を唱えていた。

【関連記事】
北村晴男弁護士が娘の教育方針へのダメ出しに激怒「バカタレか貴様は」
坂上忍と北村晴男弁護士が討論で怒鳴り合い 共演者らを置き去りに
北村晴男弁護士が評論家から「頑固親父」と認定されて怒りあらわ