26日、あるTwitterユーザーが投稿した、通販サイト・Amazonに投稿された商品レビューの内容が話題になっている。

このTwitterユーザーは「洗い物するの面倒臭いから業務用使い捨てスプーンでも買うか、と思って調べていたら闇を覗き込んでしまったっぽい」というコメントとともに、Amazonの購入者レビューの画面をスクリーンショットした画像を添付していている。


添付されたレビューページの画像には「社畜の強い味方」というタイトルに合わせて「『朝になったら死んでますように』と祈りながら眠る毎日」という、一般的な商品レビューでは見かけない購入者からの心情が綴られている。

Amazonの商品ページを確認すると、「外資系ホームレス」と名乗るユーザーがレビューしたのは、「大和物産製の業務用使い捨てスプーン(100本入り)」で、2015年の3月にレビューを投稿している。26歳で、ブラック企業に務めるという、外資系ホームレスさんのレビューには、冒頭から「朝になったら死んでますように」という、文章に目を奪われる。

しかし「ご飯を作る時間なんてない。皿を洗うのも面倒。そんなとき、こいつを見つけました。これと使い捨ての発砲スチロール皿を愛用しています」「加工されたフルーツグラノーラを食べたら洗わずに皿もスプーンもポイポイ捨てれば良いので大変楽です」と毎晩終電で帰宅し、朝の6時には起床する過酷な生活に合わせた、使い捨てスプーンの使い方を紹介している。

一方で「ただ、食べることの喜びも捨てて仕事もつまらない。何のために生きてるんだろうしにたい…」と、レビューでは「朝になったら死んでますように」「死にたい」と、生きることの虚無感が繰り返されているのが気になるところだ。

ちなみに、「外資系ホームレス」を名乗るユーザーの商品レビューは、2015年10月のシングルベッドのレビューを最後に、Amazonからは発見できない。

このレビューの存在を明かしたツイートは26日、20時の時点で、10000件を超えるリツイートと、6400件を超える「いいね」を獲得し、インターネット上で、大きな話題となっている。

【関連情報】
Amazon|大和物産 業務用 使い捨て スプーン 100本入

【関連記事】
「ポケモンGO」が自殺防止に一役買う? 自殺の名所にユーザーが殺到
坂上忍が通販ユーザーを一刀両断「寂しいオバさんがハマるもの」
「死ぬくらいなら会社をサボろう」 異例の呼びかけツイートに反響集まる