『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』ポスター (C) 2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

写真拡大

『闇金ウシジマくん Part3』の劇場公開が9月22日よりはじまる中、いよいよシリーズのラストを飾る映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』の予告編がWeb解禁となった。

[動画]解禁となった『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』予告編

本予告編は、「おしまいから始めたら? 馨ちゃん」というウシジマの幼馴染・竹本(永山絢斗)の中学時代の意味深なセリフからスタート。続いて、ウシジマ率いる闇金「カウカウファイナンス」のメンバーで幼馴染の右腕・柄崎(やべきょうすけ)、ホストあがりの高田(崎本大海)、同じく幼馴染の情報屋・戌亥(綾野剛)が紹介されると、「結束は固いはずだった」というナレーションを、ウシジマの宿敵で女闇金・犀原茜の中学時代を演じた玉城ティナが担当し、幕を開ける。

語られていくのは「丑嶋馨、最大の危機」だ。玉城の「ウシジマ、テメェに仲間なんか、本当にいるのか?」という声とともに、これまでのハイテンションな『闇金ウシジマくん』のイメージとは打って変わった情感溢れるSuperflyの主題歌「Good-bye」が流れ、映像には、ウシジマの過去を語る上で欠かせない最凶最悪のライバル・鰐戸(がくと)三兄弟(安藤政信、YOUNG DAIS、間宮祥太朗)や、ウシジマを破滅させようとする腕利き弁護士・都陰(八嶋智人)、軍団を率い「皆殺しにしろ〜!」と叫ぶ犀原茜(高橋メアリージュン)らの姿が映し出されていく。

そして、銃を突きつける鰐戸三兄弟の長男・鰐戸一(安藤政信)に向かって、ウシジマが言い放つ「やるときは徹底的にやれって教えただろ、撃てよ!」というセリフと、「バンッ!」という銃声の音。はたして、ウシジマの運命は?

最後は、ポスターにもデッカク記されている「バイバイ、ウシジマ。」というセリフとともに予告編は終了。『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は10月22日より全国公開となる。