中央気象局提供

写真拡大

(台北 26日 中央社)中度台風(台湾基準)台風17号の接近を受けて、中央気象局は26日午後5時30分、最新の海上陸上台風警報を発令し、台湾本島全域を警戒区域に指定した。強風や豪雨に注意するよう呼び掛けている。

台風17号は26日午後6時現在、東部・花蓮の東南東約480キロの海上にあって、時速21キロで西北西に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は43メートル。風速13.9メートル以上の範囲は中心から半径250キロ。

台湾への影響が最も大きくなるのは、27日から28日早朝にかけて。宜蘭県や花蓮県では24時間の降水量が500ミリ以上になると予想されている。

(汪淑芬/編集:名切千絵)