【これは予想外】パンズの形状が斬新すぎる「ハンバーガーとホットドッグを合体させた夢の食べ物」爆誕!

写真拡大

数あるジャンクフードのなかでも、パンと肉と野菜が同時に摂れてしまうハンバーガーとホットドッグは、手軽で栄養価が高い食品として大人気を博している。

下手をしたら、‟ハンバーガー派” と ‟ホットドッグ派” に分かれてしまいそうだが、そんな2つをコラボさせた「ハンドッグ」なる食べ物が爆誕!! その形が、「マジで斬新しすぎるんですけど〜!」と思わず唸ってしまいそうになるのだが、新ファストフードとして、世界的に人気を呼びそうな代物なので紹介したいと思う。

・‟ハンドッグ” なるハイブリッドメニューが爆誕!

‟ハンドッグ” なる奇想天外なハイブリッドメニューを生み出したのは、豪パースに住むマーク・マレイさんだ。

ハンバーガーとホットドッグ共に、パンズの間に肉で出来たパテかソーセージを挟み、お好みでチーズや野菜を加え、ケチャップやマヨネーズをかける一品である。基本的に材料に大差はないが、大きく異なるのがパンズの形である。

ご存知のように、ハンバーガーは丸いパンズでホットドッグは長細いパンズだが、この2品を組み合わせるとなると、パンズの形が問題となることは言うまでもない。

・UFO型パンズの形が超斬新〜!


そこでマークさんは、ハンバーガーのパンズに両手が付いたような、なんとも斬新なUFO型パンズを考案してしまったのだ! 

ハンドッグの上側のパンズを取ると、中には、半分に切ったバーガーパテの間にソーセージが挟み込まれ、完璧にUFO型パンズに納まるよう配置されている。言われてみれば、ベーコンやフライドオニオンなどを入れたハンバーガーは存在するが、ソーセージを挟んだバーガーは、見たことも聞いたこともないように思う。

・世界中でフランチャイズを展開する予定


マークさんは、ハンドッグの構想を2004年に思いついたものの、実現に至ったのは2カ月ほど前なのだとか。ハンドッグは、豪ドル8ドル(約615円)で販売されており、食べた人からは「なかなか美味しかった」との声が上がっていて、かなり好評を博している様子。

彼は、ハンドッグをフランチャイズ展開する計画を進めているだけに、世界中でハンドッグが食べられる日は近いかもしれない!?

ホットドッグのパンズに焼きソバを挟んだり、ハンバーガーのパンズにも様々な形の食材を挟める。しかし、ハンドッグのUFO型パンズにはパテとソーセージしか挟めそうにないので、用途に限りが出来てしまいそうだが、ジャンクフードが大好きな人には、夢のコラボであることは間違いないだろう。

参照元:Instagram #hamdog、METRO(英語)
執筆:Nekolas

インスタグラムをもっと見る