子どもの虫歯を作らないために!親として何ができる?

写真拡大

歯磨きをしているのに…虫歯ができた!という話はよく聞きます。実は歯磨きだけでは虫歯予防として不十分なのです。子どもの虫歯を作らないために、親ができることは何でしょうか?虫歯ができるメカニズムから子どもの虫歯予防を考えてみましょう。
虫歯ができるメカニズムとは?
虫歯になるのは、「歯質」「虫歯菌」「食べ物」の3つの条件が全て重なり合い、そこへ時間的な経過が加わることが始まりだと言われています。

­

「歯質」とは、虫歯になりやすい歯の性質のことをいいます。「虫歯菌」とは、虫歯の原因となる細菌のことで、実際に歯に孔をあけてしまいます。「食べ物」とは、人間が口にした食べ物のかすのことで、細菌の餌になります。

­

口の中に歯が存在する限り、3つのどれもゼロにすることはできません。したがって、虫歯を予防するには、「それぞれの輪を小さくすること」「3つの要素が交わっている時間をできるだけ少なくすること」この2つがポイントになります。
歯質を強くするカギは唾液が握っている
歯は歯髄(神経)を取り囲むように象牙質があり、その周りをエナメル質が覆っています。虫歯はこのエナメル質が溶け始めることから始まります。乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が弱いので、虫歯になりやすいと言われています。子どもは大人以上に虫歯になりやすいということです。

­

また、歯の性質というものは人によって違います。それには唾液が大きく関係しています。エナメル質が溶け始めると、どうしようもないのかというと、そうではないのです。「再石灰化」という自然治癒力が歯には備わっていて、溶け始めたエナメル質を再生させ、より強化なものにすることができます。その再石灰化を助けるのが「唾液」というわけです。

­

したがって、唾液の分泌を促すことが虫歯予防にとっては非常に大切になります。無糖やキシリトール入りのガムを噛んで、唾液を分泌させたり、適宜水を飲んだりして、口腔内の乾燥を防ぎましょう。
虫歯菌を減らすには歯磨きとフロス
口腔内にはさまざまな細菌が存在しています。中でも虫歯菌(ミュータンス菌)が虫歯の主な原因と言われていて、一度口の中に住み着くと、なかなか排除できないと考えられています。虫歯菌が口に移り住むきっかけの多くは、大人による食べ物の口移しと言われているので、離乳食では口移しで食べ物をあげないように気を配る必要があります。

­

また、プラーク(歯垢)という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、プラークとは細菌のかたまりのことです。歯磨きによってしっかり汚れを落とせていないとプラークになります。奥歯のかみ合わせ、歯と歯の間、歯ぐきとの境目などは特に磨き残しが多く、プラークがつきやすいので、丁寧に磨く必要があります。歯と歯の間にはフロスを利用して、きれいにしてあげましょう。

­

プラークを残したまま放置すると歯石に変化して、歯磨きでは落とせなくなります。定期的に歯医者に行き、歯のチェックとクリーニングをしてもらうことも大切です。
虫歯菌の餌となりやすい「おやつ」の与え方に注意
歯には再石灰化の作用があることをお話ししましたが、この作用を最大限に発揮させるには、なるべく間食を控えて、虫歯菌と餌との接触を減らす必要があります。子どもが大人しくなるからと、だらだらと常に食べ物を与えるのは、歯にとってはよくありません。食べた後には歯を磨く習慣を持つことで、だらだら食いが防止できるでしょう。

­

また、甘い物は歯にベトベトしてくっつきやすいので注意が必要です。おやつだけでなく、飲み物にも気を配りましょう。暑い日は熱中症対策のために水分摂取が重要になってきますが、のどごしがいい炭酸飲料やスポーツドリンクは、糖分が多く、歯の周りに虫歯菌の餌となる糖分が残りやすいことを覚えておきましょう。

­