大相撲秋場所で大関・豪栄道(30歳・境川部屋)が全勝で初優勝を飾った。カド番大関の全勝優勝は史上初。大阪出身力士の優勝は1930年夏場所の山錦以来86年ぶり。日本人力士の全勝優勝は96年の貴乃花以来20年ぶりという、記録づくめの初賜杯となった。

 13連勝で迎えた14日目。勝てば優勝が決まる玉鷲との一番を、得意の右差しから左まわしを引く力強い寄り切りで優勝を決めた。取組後のインタビューでは、人前で泣いたことがない男が、「うれし涙です」と、こらえることなく号泣した。

 年6場所制が導入された1958年以降では、史上5位の年長記録となる30歳5か月での優勝。「いろいろ我慢をしたことが思い浮かびました」と絞り出したその言葉通り、苦難の道をたどった初優勝だった。

 大関昇進を決めたのは2014年の名古屋場所でのこと。大関昇進の内規は「三役3場所で合計33勝以上」であり、春場所で12勝を挙げたものの、続く夏場所では8勝止まりだった豪栄道の昇進は話題にさえなっていなかった。しかし、11日目に白鵬を破るなど2横綱2大関を倒した殊勲と、関脇として昭和以降1位となる連続在位14場所の安定感が高く評価され、その場所は12勝と内規にあと1勝足りなかったが、大関へ推挙された。

 大関昇進を決めた際、豪栄道は「やっと自分の相撲をつかめた感じがします。この相撲を貫けば、やっていけると思います」と明かしていた。つかんだ相撲とは、立ち合いで鋭く当たり、右を差し左前まわしを引く速攻だった。理想とするのは、第58代横綱・千代の富士。現役時代のウルフの取り口を何度も映像で見て稽古場で実践した。

 自分の型を手にするまでは、自分の相撲よりも相手の良さを消すことを考えてしまうことが多かった。

 出身地の大阪・寝屋川で小学校2年の時に相撲を始め、5年生でわんぱく相撲の横綱となった。体格は大きくはなかったが、天性の相撲勘で肉体的なハンデを補ってきた。埼玉栄高校へ進学すると才能は一気に開花。高校横綱など11冠ものタイトルを獲得し、境川部屋に入門した。

 一貫して豪栄道を支えてきたのは、猛稽古の積み重ねとセンス抜群の相撲勘だった。ところが、関脇で足踏みしている時には、これがアダとなる。当時のインタビューで、「どうしても相手のことを考えてしまう。『明日はあの力士だから、こうやっていこう』とか、相手に合わせて相撲を取ってしまう」と口にしていた。例えば、左四つ右上手が得意な白鵬に対しては、「いかに左を差させないか」など策を弄するあまり、自らが土俵で主導権を握ることができなかった。

 そんな弱点を克服してつかんだ「右差し左前まわし」という必勝の型。大関昇進の口上では「これからも大和魂を貫いて参ります」と決意を述べたが、昇進を決めた名古屋場所では大きなケガも負っていた。

 白鵬を倒した翌日の日馬富士戦で、左ひざの半月板を損傷。休場を考えるほどの重傷ながら、大関昇進の目標を達成するべく残り3日間も強行出場し、奇跡的な3連勝を果たした。しかし、無理の代償は大きく、場所後の夏巡業を休場。新大関として臨んだ秋場所は青息吐息の8勝7敗だった。

 攻守の要となるヒザのケガは、力士にとって致命的。必勝の感覚は、そこから相次ぐケガによって鈍っていく。2015年夏場所では、12日目に白鵬を破った一番で左肩を骨折し、14日目には大関昇進後、初の休場に追い込まれた。同年の九州場所では右手首を負傷して冬巡業を休場。今年の夏場所では、白鵬のひじ打ちで左眼窩内壁を骨折し、満足な稽古もできない状態で名古屋場所に強行出場して負け越した。

 大関在位12場所で4度の負け越し、二ケタ白星はたった1場所と不甲斐ない成績が続いた。それでも、場所中にあばら骨を骨折してテーピングをしても「虫に刺されただけッス」と言い切る男は、ケガを言い訳にはしなかった。

 悔しさと苦しさを打ち消すにために稽古に打ち込んだ。「感謝しても感謝しきれないほどの存在」という師匠の境川親方(元小結・両国)の熱い檄と、温かい声に支えられ汗を流した。名古屋場所では負け越したものの、ケガも癒え、迎えた夏巡業で納得する稽古を積むことができた。「自分の相撲を取りきる」と何度も言い聞かせ、鋭い出足から右を差す感覚と、大関昇進時につかんだ自信を取り戻した。

「思い通りにいかないことが多くてつらい日々もあったんですが、今日で少し報われました」と苦労した2年を振り返る言葉には、逆境を乗り越えた男だけが発する重みがあった。11月の九州場所は初の綱取りに挑む。師匠の境川親方が九州場所の担当部長を務めるのも何かの因縁だろう。

「いろんな人に支えられて今日があるので、その人たちに恩返しできたと思います」

 さらなる恩返しを胸に秘め、豪栄道は「自分の相撲」で横綱を目指す。

松岡健治●文 text by Matsuoka Kenji