マザコン夫につける薬なし!?思わず離婚の二文字が頭をよぎった瞬間

写真拡大

付き合っていたときは気づかなかったけれど、いざ同棲してみたり結婚したら素晴らしくマザコンだった…という話をよく耳にします。今回はそんな経験をされた既婚女性100名に、「離婚したいと思った瞬間」について聞いてみました。世の女性たちを悩ますマザコン夫とは一体…?渦巻く不満の声をお聞きください。
料理で勝てるわけない…
・「『やっぱり母さんの作ったごはんが一番好きだな』とのたまった夫。一生ママのごはんだけ食ってろ!と思った」

­

・「何の料理に対しても『母さんはこうしてた。こんなものを作ってた。おまえも同じようにやって』と言う。もともと料理することは好きだったのですが、旦那と一緒に生活するようになってから料理が大嫌いになりました」

­

・「母親の作った弁当の味が忘れられず、『ババののり弁が最高だ』と絶賛。私が作った弁当だと物足りないと言うので、『私、作るのやめるから、お義母さんに作ってもらって』と本気で言ったら悲しそうな顔をされました。悲しいのはこっちだっつーの!」

­

・「一生懸命つくった料理。どれがいちばんおいしい?ときいたら『お母さんの料理』と返事がかえってきたこと」

­

・「夕食にシチューを食べた数日後、義母に『やっぱりママのシチューのほうが美味しい。作り方、教えてやって』と電話で話してるのを聞いた瞬間、殺意が芽生えた」

­

大好きな母親の手料理を妻にまで強要するのが苦痛!という声多数!!そのほかにも、わざわざ実家に帰ってまで母親とごはんを一緒に食べるという夫のエピソードも。こんなことされた日にはたまりませんね!!
母親の言いなりパターン
・「家電の買い物に夫1人で行くことができず、義母がついてくる。独身時代は義母が夫の部屋の温度を細かく管理していたので、結婚後それがなくなり、すぐ風邪を引くようになった」

­

・「結婚当初は食器からタオルに至るまですべてインテリアを統一してごだわりたかった私。ところが、『おかんが持たせてくれたから』と、趣味ではない柄のタオルや食器を大量に持ち込まれたとき」

­

・「夫婦で意見が合わない問題が発生したとき、姑にはまったく関係ないのに「○○ちゃん(母の名)に聞いてみるから!」と夫。そのセリフが気持ち悪すぎて鳥肌が立った」

­

・「結婚してすぐに足の爪を切って欲しいと言われて断ると『お母さんはいつも切ってくれるのに』と言われた」

­

・「困るとすぐ義母に電話。私が義母に言われたことをそのまま伝えた時には、「うちのお母さんがそんなことを言うはずがない」と怒って母親に電話するなど、うちの夫のマザコンエピソードをあげればきりがない。ただ、帰省した際、夫が『お母さんと一緒に寝る』と言ったときには心底ぞっとした」

­

いくら母親のことが好きだからと言っても限度がある!!妻の言葉より、母親の一言の方を優先してしまうダメなパターンですね。旦那さんに愛想を尽かしても不思議ではなくなりそうです。
妻より母親
・「結婚しているにも関わらず、私を残して、母親と海外旅行に行ったときには、離婚を考えました」

­

・「夜勤が続いたときに旦那が体調を崩したことがあったが、私には何も連絡してこなかった一方で、義母には即連絡。しかも家にまで来てもらって一緒に病院に行っていた」

­

・「お母さんか世界で一番好きで大切だと、直接ストレートに言われたこと。キモすぎる」

­

・「お母さんを少し悪くいったら、なんと涙を流した夫。そんなことで泣かなくても…」

­

・「常に義母のことを最優先で話をするので、『私より、お母さんが好きなんだね』と言うと『うん』と真顔で答えられたとき」