ともに2試合に出場していたDF小林友希(左)とMF瀬畠義成だが負傷離脱に

写真拡大

 日本サッカー協会は26日、現在AFC U-16選手権インド2016に出場しているU-16日本代表において、DF小林友希(神戸U-18=写真左)とMF瀬畠義成(JFAアカデミー福島U18)が怪我のため離脱することになったと発表した。なお、小林と瀬畠に代わる選手の招集予定がないことが併せて発表されている。

 25日に行われた準々決勝でUAEと対戦した日本は1-0の完封勝利を収めて、今大会の上位4チームに与えられるU-17W杯への出場権を獲得。29日の準決勝でウズベキスタン対イラク戦の勝者と戦う。