怖すぎるネットストーカー 女性100人がその体験を告白!

写真拡大

インターネットが普及し、多くの人がTwitterやLINEなどのSNSを使用する時代となりました。SNSは便利な一方、トラブルが多いのも事実です。ネット上でストーカー行為をされた経験がある人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、怖いと感じたネット上のストーカー体験について既婚女性100人に聞いてみました。
元彼がストーカーに!
・「別れた彼がいちいちインスタグラムをチェックしてきていて、いろんなコメントを入れてきた。本当に怖かった」(30代/専業主婦)

­

・「LINEをブロックしていた元カレから突然連絡が立て続けにきた。違うLINEのIDを使って探されたことに恐怖を感じました」(20代/専業主婦)

­

・「FacebookでIDを変えて何度も友達申請して来る元カレが怖かった」(30代/士業)

­

・「元カレにGREEでストーカーされました。最初は、名前から出身地、年齢まで全部偽って友達申請が来たので気づかなかったのですが、私のページに1日に10回とか足を運んでいるのがわかって怪しく思い、問いつめたら2ヶ月ほど前に別れた元カレだったことが判明。背筋が冷えました!」(20代/専業主婦)

­

別れ話をきっかけに、彼がストーカーになるケースが多いようです。

お互い合意の上の別れでないと、このような恐怖体験をすることも…。
顔見知りがストーカーに!
・「大学時代、バイト先の仲間から、毎日その人の行動の報告メールが届きました。ただそれだけでしたが、本人に会ってもその話には何も触れず、ひたすら毎日送り続けられたので、目的がわからず怖かったです」(40代/専業主婦)

­

・「短期アルバイトで知り合った男性からFacebookの友達申請がきて無視したら、その後メッセージに『なぜ承諾してくれないのか?』という内容のメールが毎日来て、気味が悪かった」(20代/専業主婦)

­

・「リアルに顔見知りでもありましたがTwitterでも繋がっていた男性。以前告白されて断った後、こっそり裏アカウントを作っていることに気付きました。見に行くとわたしが食べた物と同じ物を食べて、同じ写メを載せて同じ事をつぶやいていました。気持ち悪すぎてそっとTwitterを閉じました」(30代/専業主婦)

­

・「mixiで中学時代の塾が同じだった男の子から『覚えてる?』とダイレクトメールが。なんとなくしかわからなかったけど『覚えてるよ』と返すと、その後、1日20〜30件の足跡がつくようになって、怖くなりブロックしました」(30代/パート)

­

友人、知人がストーカーになるケースも意外と多いよう。そんなことあるわけないと思っているあなたにも、ささいなことをきっかけにトラブルが起きる可能性も。交友関係には十分気をつけましょう。
SNS上の知り合いがストーカーに!
・「ブログに熱心にコメントしてくれている人がいたのですが、あるとき付き合ってほしいという内容のコメントがきました。お断りの返信をしたら、それ以来、脅迫めいたコメントの書き込みをされるように。怖くなり、ブログのコメントを閉鎖しました」(20代/会社員)

­

・「ツイッターで同じ芸能人が好きなことで仲良くなった人が、いろいろやり取りするうちにダイレクトメッセージで好きだの会いたいだの言ってくるように。仲良くなったころに何県の何市に住んでるという話をしたことがあったのですが、『今近くにいるよー』と突然言われ、会わなかったけど気持ち悪かったです」(30代/契約派遣社員)

­

・「mixiで1時間ごとに足跡をつけられたり、ログイン時間をチェックされて行動を監視されたことがある」(20代/専業主婦)

­

・「友人と遊んでいる時に、Twitterで遊んでいる場所からの風景写真をアップしたら、あまり関わりのなかったフォロワーから『場所特定した。僕も今から行くね』という文章と地図アプリのスクリーンショット画像が送られて来たことがありました。怖くなり、急いでその場から離れました」(20代/専業主婦)