『100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減』(郄橋幸枝著、飛鳥新社)は、数えで100歳になるという精神科医が語る人生訓。

といっても、単に「100歳だから」という数字の問題だけではありません。

高等女学校卒業後に海軍省のタイピストとして勤務したのち、中国・北京で日本人牧師の秘書として勤務。そうした経緯を経て医学部受験を決意し、勤務医としての経験を積んだあと、1966年に「秦野病院」を開院し、院長に就任したという人物なのです。

そのぶん、私たちに学べることが多々あるということ。そしてタイトルにもあるように、人生について考えるうえで著者が重視しているのは「匙(さじ)加減」です。

■人生は匙加減を見極めることが大事

どんなことにも適度な塩梅、つまり「匙加減」というものが存在すると著者はいいます。

それは人生にも当てはめることができるもので、つまりそれらをひとつずつ見極め、把握していくことこそが、「生きる」という営みだというのです。

そもそも匙加減とは繊細なもので、そこには難しさがつきまとうことになるそうです。そればかりか、人それぞれ微妙に異なってもくるため、二重に複雑になるということ。

だから「匙加減をうまく見極めようと思ってもお手本などはないだけに、誰かを真似ることはできない。

けれども、自分の軸が1本しっかり貫かれていたなら、言動も一貫してくるものだ」と著者は主張します。

■昔のがん告知はかなり苦労があった

ところで近年は、日本人の2人に1人が、がんで逝く時代となっています。そうであるだけに、ますます大切になっているのは、がん患者さんへの心のケアです。

ましてや著者が若かったころは、治療法がまだ少なかったこともあり、「がん=死」というイメージが強かったといいます。

そのためか、「がん告知」はいまよりデリケートな問題だったのだそうです。

著者が医師の仲間に聞いた話によれば、昔は「患者さんご本人に、がん告知をしない」のが常識だったというのです。

そこで医師は患者さんのご家族と綿密に打ち合わせをして、「いかに本人にがんであることを悟らせないか」、心を砕いていたのだそうです。

もちろんいまでは、患者さんご本人にきちんとがんの種類などについて説明し、治療方針を決めることが常識になっています。とはいえそれは、がんの治療法が進歩したことの裏返し。昔とくらべれば「ありがたい」というだけのことです。

ただし、いくら「時代が変わって医療が進歩した」と説得されたとしても、「がん」と診断されれば、不安や恐怖を伴う大きなストレスになったとしてもそれは当然のこと。

そこで著者が引き合いに出しているのは、知人についてのエピソードです。

■がんと仲よく生きれば気持ちも楽!

その人は「がんの治療を10年続けてきたけど、大きくもならず、特別変わりないので、薬も治療もやめた」と話してくれたというのです。

著者は「私はがん治療が専門ではありませんが」と前置きしたうえで、その知人の気持ちは勇気ある素晴らしいものだと感じたのだそうです。

がんに無闇に抗わないことで、がんが静かになるかもしれないということ。事実、その知人は、まさにそんな状態なのでしょう。

がんと仲よく生きることも大切ですし、そうすることで患者さんの気持ちも楽になるということです。

著者の専門分野である精神科の治療においては、「苦しみをよく聞いてあげること」がなにより大切なのだといいます。たしかにそれは、医学的には正しい態度なのでしょう。

しかし、そのことを認めたうえで、著者は実際には「苦しみをよく聞いてあげる」だけでは足りないと指摘してもいます。

なぜなら、ひとつひとつ異なる問題すべてを「こういう場合はこうしましょう」というようなマニュアルで解決できるはずがないから。

■心の匙加減は百人百様なので難しい

そこで、「匙加減」を意識することが大切だというわけです。

ご存知の方も多いと思いますが、「匙加減」とは、もともと薬の「分量」を測るときに用いた言葉が転じて、あらゆる場面で使われるようになったもの。

細かな配慮や集中力などが求められるということで、だから「心の匙加減ほど、難しいものはない」もの。

100歳を超えるいまも、「心は百人百様である」と痛感しているのだそうです。

柔らかな言葉で綴られているものの、そこに深みを感じずにはいられないのは、根底に100歳の人生の重みがあるからなのでしょう。

人生に迷ったとき、ふとページを開いてみるといいかもしれません。

(文/作家、書評家・印南敦史)

 

【参考】

※郄橋幸枝(2016)『100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減』飛鳥新社