写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ラジオ全録時代に突入
ラジオ業界で画期的な取り組みが始まる。インターネットでラジオが聴けるサービス「ラジコ」が、過去1週間分の番組をさかのぼって聴ける「タイムフリー聴取」に対応するのだ。リスナーの減少にともない、広告市場も縮小を続けるラジオ業界だが、今回の新サービスは起死回生の策となるのだろうか。

○月間ユニークユーザー1,200万人のネットラジオ

ラジコはPCやスマートフォンを通じ、現在放送しているラジオ番組をネット経由で聴けるサービスだ。基本的にはラジコを起動している(リスナーが今いる)地域の放送しか聴けないが、月額350円(税別)で「ラジコプレミアム」に加入すれば、全国のラジオ放送を聴くことができる。ラジコのスタートは2010年3月で、月間ユニークユーザー数は2016年8月時点で約1,200万人(デイリー平均は約100万人)。ラジコプレミアム会員は約30万人となっている。

ラジコを運営するradikoには、電通のほかTBSラジオやエフエム東京といった多数のラジオ局が出資している。ラジコで聴けるのは、民放ラジオ局と放送大学を合わせた計81局だ。ラジコが始まった背景には、ラジオ聴取機会を拡大したいというラジオ業界共通の想いがあった。

○深夜ラジオが昼間に聴ける新サービス

タイムフリー聴取とは、ほぼ全てのラジオ番組を、放送後1週間に限り、いつでも後から聴けるというサービスだ。テレビには全ての番組を一定期間にわたり録画できる“全録”レコーダーが存在するが、ラジコのタイムフリー聴取は、このレコーダーをラジオ放送局側が公式に用意するようなイメージだ。タイムフリー聴取の使い方としては、例えば朝の通勤時間に、前日の深夜番組を聴いたり、聴き逃した早朝のニュース番組を聴いたりすることが可能になる。

ラジコがタイムフリー聴取に対応することで、ラジオはどう変わるのか。まず考えられるのは、ラジオ聴取者が大きく拡大することだ。

ラジコの登場により、ラジオはいつでも、どこでも聴けるメディアへと進化した。しかし、ラジコがラジオ本放送との同時(サイマル)放送であったため、ラジコを起動できる状況にある人でも、聴きたい番組がないのでラジオを聴いていないケースはあったと想像できる。タイムフリー聴取が始まれば、ラジコでは過去1週間のラジオ番組から好きなものを選んで聴くことが可能になる。例えば移動時間に何を聞くか考える時、過去1週間分のラジオ番組を選べるラジコは魅力的な選択肢になりうる。

タイムフリー対応と同時に、ラジオ業界は新たな聴取スタイルとして「シェアラジオ」を提唱する。これにより、“ラジオ離れ”が深刻化しているといわれる若年層に、ラジオの面白さを訴求する考えのようだ。シェアラジオとはどんなものだろうか。

●シェアラジオが登場、ラジオ番組が話題の中心に?
○難しかったラジオ番組の“共有”

現代の職場や学校において、前日のラジオを聴いたかどうかについて話している人はどのくらいいるのだろうか。深夜放送全盛期と比べるのは酷だとしても、ラジオについて話題にしている人はかなり減っているものとみられる。この状況に一石を投じるのがシェアラジオだ。

シェアラジオとは、ラジコの聴取画面に設置される「シェア」ボタンを押すことで、SNSで知り合いと番組を共有できる仕組み。タイムフリーとシェアラジオの組み合わせにより、話題になった過去の番組を後から知人同士で教えあうことが可能となる。ラジオ好きな人にとってみれば、番組の面白さを人に伝えるには聴いてもらうのが手っ取り早いのだが、録音したSDカードなどのメディアを知人に手渡すのはハードルが高い。これからはSNSで気軽に番組を共有できるわけだ。

ラジオに馴染みがなくても、ネットニュースなどで話題になった番組を、後から聴けるのなら聴いてみたいと考える人はいそう。それはタイムフリー聴取で可能になる。実際に聴いてみて面白ければ、シェアラジオで番組を拡散する人も現れるだろう。

民放連ラジオ委員会はシェアラジオを広める施策として、タイムフリー聴取が始まる10月11日から民放連加盟ラジオ101局でシェアラジオ特別番組「サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」を放送予定。活動再開から間もない宇多田ヒカルさんを起用し、シェアラジオの認知度を高める意向だ。この番組は放送時間こそまちまちだが、AMとFMを問わず101局全てで放送する。これはラジオ界でもめったにない取り組みだ。

○タイムフリー化には紆余曲折

ラジコのタイムフリー化については以前から一部で話題となっていたが、対応は遅れていた。ラジオ番組には広告主、出演者(所属事務所)、レコード会社など多方面の権利者が存在しているので、その調整にはかなりの時間を要したようだ。

例えばレコード会社の場合を考えてみると、ラジオ番組が後から、何度でも聴けるようになることは、番組内でかかった曲が、実質的には聴き放題になることを意味する。これが無料サービスで始まることに抵抗があるのも無理はない。ラジコのタイムフリー聴取に3時間の聴取制限があり、何度でも繰り返して番組を聴けない仕組みになっているのは、さまざまな権利者が合意できるポイントを模索した結果なのだろう。

●広告媒体としてラジオが見直されるきっかけに?
○リスナー数・広告市場は減少基調

各方面の権利者の同意を得てサービスインを迎えるラジコのタイムフリー聴取。“全録”を放送者側で行うという意味ではテレビの先を行く取り組みだが、これによりラジオ業界は盛り返すことができるだろうか。まずはラジオが置かれている現状を確認しておきたい。

まず、ラジオはどのくらいの人が聴いているのだろうか。ビデオリサーチが実施している「首都圏ラジオ調査結果」によると、首都圏に住む12歳から69歳までの男女のうち、2016年8月22日から28日までの1週間で、ラジオを実際に聴いた人の割合は平均すると6.5%。十数年前は9%近くあったというから、ラジオを聴いている人数が一昔前に比べ減っているのは間違いない。ちなみに、ラジオ業界では首都圏の聴取率1%を約36万人と考える。

ラジオ広告費はどうか。電通が毎年実施している調査「日本の広告費」によれば、ラジオ広告費は1991年の年間2,406億円をピークに減少を続けており、ここ数年は同1,200億円台で推移している。リスナーが減れば広告媒体としての価値が下がるので、ラジオ広告市場が縮小するのも無理はない状況だといえる。

○時代に合わせて生まれ変わることで復権を狙うラジオ

タイムフリー聴取が始まると、ラジオを取り巻く環境はどのように変わるのか。まず考えられるのは、広告媒体としてのラジオの再価値化だ。ラジコはCMも含めてラジオ番組をそのまま配信している。タイムフリー聴取が始まり、ラジオ広告が今よりも多くのリスナーに届くようになれば、ラジオ広告市場の縮小基調に変化があるかもしれない。シェアラジオが普及し、新しいリスナー、特に若年層がラジオを聴き始めれば、今までラジオ広告の出稿を考えてみなかった企業も、ラジオの広告媒体としての価値を再認識するだろう。

番組内のCMとは別に、ラジコが独自の広告枠を設ければ、広告市場は更に拡大する可能性がある。ラジコはネット経由のラジオ放送なので、聴いている人の属性を把握することで、効果的な音声広告を配信できるかもしれないのだ。ラジコ独自の広告が実現するかどうかは不明だが、以前お伝えしたとおり、ネットの音声広告には革新的な手法が存在し、その市場も米国などでは大きく育っている。ラジコが日本の音声広告市場を拡大するドライバーになる可能性はあるだろう。

ラジコが導入するタイムフリー聴取機能は、あくまで実証実験の位置づけ。ラジコを運営するradikoと民放連ラジオ委員会は、利用者数の把握、利用者数に伴うシステム構築規模の把握(サーバーの負荷など)、ラジオ番組を構成するコンテンツがどのように利用されるかなど、さまざまな課題を抽出し、本番運用に向けた検討を進めていくという。この期間中に、権利者からさまざまな意見が出ることも予想されるが、タイムフリーにより新規リスナーを獲得できたり、昔は聴いていた休眠リスナーを呼び戻したりできれば、そのメリットに関係者も納得するはずだ。

さまざまなメディアが登場した現代において、ラジオが以前のように、大きな存在感を放つメディアに戻るのは難しいだろう。しかし、ネットとの融合を進めるなかでタイムフリー対応という大きな決断をし、時代にあったメディアへと変身を遂げることで、ラジオはリスナーとの接点を取り戻そうとしている。ラジオ番組を後から、いつでも、どこでも聴けるラジコのタイムフリー聴取は、ラジオが新しいメディアへと生まれ変わる第一歩なのかもしれない。逆にいえば、この取り組みが実証実験で終わってしまうとラジオ復権は遠のくだろう。

(藤田真吾)