2位は西島秀俊!「本当に演技がうまい」と思う40代イケメン俳優1位は

写真拡大

福山雅治や西島秀俊など、女性を魅了するイケメン俳優は40代が目立ちます。しかし、彼らの魅力は単に男前だというだけでなく、経験からくる高い演技力でもありますよね。

そこで今回は『VenusTap』が、全国に住む500人の男女に対して「40代のイケメン俳優で本当に演技がうまいと思う人は?」と質問。ランキング形式で紹介したいと思います。

■第5位:竹野内豊(34票)

TOKYO, JAPAN - MARCH 9: Actor Yutaka Takenouchi attends the Shiseido Uno press conference on March 9, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

元々はモデルだった竹野内豊(45歳)。ドラマ『ボクの就職』(TBS系)で俳優デビューを果たして以降、『星の金貨』(日本テレビ系)、『ロングバケーション』(フジテレビ系)、『不毛地帯』(フジテレビ系)、映画『冷静と情熱のあいだ』(東宝)『あの空をおぼえてる』(ソニーピクチャーズエンタテイメント)などに次々と出演し、高い演技力を見せてくれていますね。

しかし、実は竹野内豊は、デビュー18年目40歳のときに渡米し、ニューヨークで2週間の徹底した演技レッスンを受けるまでは、本格的に演技を勉強した経験がなかったそう。現地での演劇修行の様子は、NHK・BSプレミアムの人気シリーズ『裸にしたい男』でも放送されました。

それでも過去に『冷静と情熱のあいだ』で、2001年に第25回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞など、大きな賞を受賞しています。そう考えると、生まれながらに持つ演劇的センスを現場で磨き、あの圧倒的な存在感を作り上げていったのかもしれませんね。

■第4位:大沢たかお(37票)

CANNES, FRANCE - MAY 20: Actor Takao Osawa attends the photocall for 'Wara No Tate' at The 66th Annual Cannes Film Festival at Palais des Festivals on May 20, 2013 in Cannes, France. (Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images)

第4位は大沢たかお(48歳)。「気が付けば名作に出ているイメージ」、「独特の空気感を持った俳優」、「さわやかな役も似合うけど、悪役もうまい」といったコメントも集まっていました。

映画『解夏』『地下鉄(メトロ)に乗って』では日本アカデミー賞「優秀主演男優賞」「優秀助演男優賞」を獲得。テレビドラマ『JIN-仁-』では、第6回ドラマ・オブ・ザ・イヤー「最優秀主演男優賞」を受けるなど、受賞歴も華々しいですね。

そんな大沢、役に挑むにあたって「役作り」という言葉を嫌うのだと、ウェブメディア『MANTANWEB』のインタビューで明かしています。演技をする上で型にはまらないように心がけ、全ての作品で役作りのアプローチも変えてしまうのだとか。

過去の自分を常に破壊し、デビュー当時と同じ緊張感で撮影の初日を迎えると言います。なるほど、かっこいいですね。

■第2位(同率):西島秀俊、大泉洋(各47票)

第2位は同じ得票数で2人の役者がランクインしました。

「役に対するストイックさがかっこいい」、「どんな役でもこなしてしまう」などの意見が集まった西島秀俊(45歳)は、『オリコン』のインタビューで「いつもこれまで演じたことのないような役に挑戦したい」と語っていますが、その言葉通り、さまざまな予算規模や内容の作品に出演し、圧巻の演技を見せてくれています。

出演作を振り返ると、ドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)で同性愛者を演じたり、WOWOW・TBS共同制作ドラマ『ダブルフェイス』では犯罪組織に潜入する捜査官を演じたりと、さまざまな活躍を見せてくれています。

大泉洋(43歳)は、地方局の深夜番組『水曜どうでしょう』(HTB)で全国区の知名度を獲得。その後に数々のドラマや映画に出演して、その名声を得た異色の役者ですね。

2015年公開の映画『駆込み女と駆出し男』(松竹)では、第58回ブルーリボン賞主演男優賞を獲得。第39回日本アカデミー賞では優秀主演男優賞を手にしています。現在は、NHKの大河ドラマ『真田丸』での高い演技力が評判になっていますよね。

「いろいろな引き出しがある」、「『まれ』の父親役が良かった」、「ダメ人間をやらせたら天下一品(笑)」といったコメントを集め、見事2位に輝きました。

■第1位:堺雅人(65票)

TOKYO, JAPAN - OCTOBER 23: Actor Masato Sakai attends the Tokyo Drama Awards ceremony on October 23, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

名だたる名優をおさえ、No.1の座に輝いた40代のイケメン俳優は堺雅人(42歳)。

堺雅人といえば、「半沢直樹の演技はすごかった。ぐんぐん引き込まれた」といったコメントも集まっていたように、真っ先にドラマ『半沢直樹』(TBS系)が思い浮びますよね。香川照之演じる大和田常務を追い詰める会議室のシーンが圧巻でした。

映画『鍵泥棒のメソッド』(クロックワークス)、『武士の家計簿』(アスミック・エース、松竹)などでは日本アカデミー賞で優秀主演男優賞を獲得しています。

ちなみに大ヒットドラマ『半沢直樹』に関して、堺は「ほとんど役作りをしなかった」と、ウェブサイト『WEB GOETHE(ウェブゲーテ)』のインタビューで明かしています。

普段は彫刻を彫り込むように、丹念に役作りをすることで知られる堺ですが、一方で原作や監督に丸ごと自分をゆだねて、役を演じ切るケースもあるのだとか。その柔軟な姿勢が、カメレオン俳優とも呼ばれる所以なのかもしれませんね。

以上、演技がうまいと思う40代のイケメン俳優をランキング形式で紹介しましたが、いかがでしたか? ちなみに第6位は江口洋介(31票)、第7位は内野聖陽(27票)でした。皆さんの大好きな俳優はランクインしていましたか?

【画像】

※ SEOUL, SOUTH KOREA - MAY 20: Hidetoshi Nishijima attends ‘Genome Hazard’ press conference at Lotte Cinema on May 20, 2014 in Seoul, South Korea. Hidetoshi Nishijima is visiting South Korea to promote his film ‘Genome Hazard’ which will be released in South Korea on May 29. (Photo by Han Myung-Gu/WireImage)

※ TOKYO, JAPAN - MARCH 9: Actor Yutaka Takenouchi attends the Shiseido Uno press conference on March 9, 2016 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

※ CANNES, FRANCE - MAY 20: Actor Takao Osawa attends the photocall for ‘Wara No Tate’ at The 66th Annual Cannes Film Festival at Palais des Festivals on May 20, 2013 in Cannes, France. (Photo by Stuart C. Wilson/Getty Images)

※ TOKYO, JAPAN - OCTOBER 23: Actor Masato Sakai attends the Tokyo Drama Awards ceremony on October 23, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)