これからの季節は気候も良く、人気の旅行シーズン。景色や食事、建築などと同じように、旅の目的に“歴史”を取り入れる人は多いのではないでしょうか。歴史スポットというと、武将たちが過ごしたであろう城などをイメージしますが、それだけではありません! 株式会社リクルートライフスタイルが運営する旅行サイト「じゃらんnet」に寄せられた歴史ツウのクチコミを元に作成されたランキングをご紹介します。

この秋はツウおすすめの“歴史スポット”へGO!

歴史的情緒が感じられるだけでなく、激動の時代を潜り抜け、景観と融合した建築美を誇るスポットや周辺の観光地と合わせて楽しめるスポットが数多くランクインしています!

歴史ツウおすすめ“歴史スポット”ランキング

1位:道後温泉本館(愛媛県)
2位:錦帯橋(山口県)
3位:日本橋(東京都)
4位:興福寺五重塔(奈良県)
5位:大浦天主堂(長崎県)
6位:原爆ドーム(広島県)
7位:東京駅(東京都)
8位:春日大社本社本殿(奈良県)
9位:平和祈念像(長崎県)
10位:横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館](神奈川県)
※集計方法:クチコミ件数が30件以上かつ評点5の割合が大きい順に算出しランキング集計。2016年8月4日時点。サンプル数277名
※歴史ツウとは「じゃらん観光ガイド」において歴史的なスポットへのクチコミ投稿が多い人が獲得できる称号

周辺観光スポットや景観などダブルで楽しめる“歴史スポット”

気になっていたスポットはランクインしていましたか? それぞれどんな歴史スポットなのでしょう。今回はトップ3を詳しくご紹介します。

1位 道後温泉本館(愛媛県)

日本書紀にも登場し「日本最古の温泉」といわれる道後温泉のシンボル的存在。築120年以上で、その後増改築を繰り返した複雑な構造の木造建物は、公衆浴場として初めて国の重要文化財にも指定され、その趣のある外観は記念撮影には外せないスポットです。
浴室は「神の湯」「霊の湯」の2種類。明治時代の貴重な入浴券が見られる展示室や夏目漱石お気に入りの「坊っちゃんの間」をはじめ、館内は歴史情緒溢れる装飾の数々など見どころも満載。

道後温泉本館(愛媛県)

2位 錦帯橋(きんたいきょう)(山口県)

1673年岩国藩主吉川広嘉によって創建された錦帯橋。日本三名橋のひとつに選ばれている日本を代表する木造橋です。清流錦川に架かる木造五連のアーチ橋は、橋の長さが直線で193.3m、橋脚の高さが6.64m。木と木の組合せによって支えられている構造の精巧さは橋を下から眺めてみるとよくわかります。また、その魅力は造形美だけでなく、橋を取り巻く景観の美しさにもあり、春は桜、夏は鵜飼いや花火の夜景、秋は紅葉、冬は雪化粧と「錦」の名の通り、四季折々の色彩豊かな表情を楽しむことができます。

錦帯橋(きんたいきょう)

3位 日本橋(東京都)

五街道の起点となった地域のシンボル。江戸開府の1603年に創架され、翌年には全国を網羅する五街道の起点となり、全国各地から商人や職人が集まりました。1911年に石造二連アーチ橋となり、1999年に国の重要文化財に指定。親柱に掲げられた「日本橋」の文字は、徳川慶喜の揮毫(きごう)によるもの。関東大震災や東京大空襲にも耐え、激動の時代も日本の中心地として見守り続けています。周辺には老舗が数多くあり、ショッピングを楽しみながら歴史を感じることができますよ。

日本橋(東京都)

今年の秋は歴史探訪の旅にでかけてみませんか? 歴史ツウがおすすめするスポットで、情緒を感じてみてはいかがでしょうか。ぜひ、“歴史の秋”を楽しんでくださいね!

【参考】※ 株式会社リクルートライフスタイル