【心理テスト】気分転換に行きたい場所でわかる、不運の乗り切り方

写真拡大

 生きていれば、いいこともあれば悪いことも起こります。でも、ずっと悪いことばかり続いていると、そればかりにとらわれて気分が沈んでしまいますよね。今回は、そんな運気が悪いときの乗り切り方を心理テストで探っていきます。

【質問】
 最近、いいことがないと思っているあなた。気分転換に行った場所は?

A:自然のある場所
B:人の多いところ
C:神社やお寺
D:友達の家

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「不運の乗り切り方」
 お出かけは、運を切り替えるために行うアクション。あなたが行ってみたいと思った場所から、不運の乗り切り方がわかります。

■A:自然のある場所……生活を整えて、乗り切る
 自然の空気を吸い、穏やかな自分を取り戻したいと思っているあなた。不運が続くと、心が激しく乱れ、自分や身の回りのことが疎かになってしまうようです。睡眠時間や食生活など、自分の生活を整えながら不運を乗り切りましょう。規則正しい生活をすれば、心も落ち着いてくるでしょう。

■B:人の多いところ……好きなものに囲まれた生活をする
 人の多いところに行きたいと思ったあなた。どんな人でもいいから、誰かと会えばいい運気がもらえると思っているのでしょう。自分の運気やエネルギーが弱いと感じているようです。不運が続いているのであれば、自分の好きなものや人からエネルギーをもらいましょう。自分の好きなものに囲まれた生活をして、つらい時期を乗り切りましょう。

■C:神社やお寺……不運を気にしない
 神社やお寺に行きたいと思ったあなた。今の状況を早くなんとかしたいと、神様や仏様にすがっているのではないでしょうか。どれだけ他力に頼っても、自分の力で乗り越えなければ運気を変えることは難しいもの。「今は運気が悪いときだ」と認め、つらいことや苦しいことがあっても明るい気持ちで乗り切りましょう。

■D:友達の家……目の前のことに一生懸命になる
 身近な人に話したり、遊んだりして気分を紛らわしたいと思ったあなた。不運が続くと、現実から逃げたり、周りのせいにしたりしまうところがあるようです。しかし、現実から逃げても不運を乗り越えられるとは限りません。自分から不運に立ち向かい、目の前のことを一生懸命に取り組みましょう。がむしゃらに突っ走り、乗り切っていきましょう。

 不運なときこそ、自分を成長させるチャンス。どんなにつらくても、踏ん張って乗り越えていきましょう。乗り越えた先には、大きな幸せや大きく成長した自分の姿があるはずです。
(咲羅紅)