ソフトバンク工藤公康監督を悩ませる「一発病」

ざっくり言うと

  • ソフトバンクは25日の西武戦に5−7で負け、リーグ3連覇は風前の灯となった
  • 投手陣はリーグワーストの123本塁打を喫しており「一発病」となっている
  • 工藤公康監督は手をこまねいていたわけではないが、被弾の連鎖が止まらない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング