イタズラ動画を見て iPhone7 に “イヤフォンジャックの穴” を開ける人続出! ネット上で「絶対に開けちゃダメ」と注意喚起がなされる

写真拡大

2016年9月16日に発売となった iPhone7 と 7 Plus。耐水性など今までのモデルとの様々な違いが話題となったが、なかでも世間をざわつかせたのが、イヤフォンジャックがなくなったことだろう。

しかし今、買ったばかりの iPhone7 に、ドリルで穴を開ける人が続出しているというではないか! ある「イタズラ動画」を見て、自分でイヤフォンジャックが開けられると思ったようなのだが……。ちょっと待て! 早まるな!!

・iPhone7 にドリルで穴を開ける動画

YouTube 上で 870万回以上再生されている動画『Secret Hack To Get Headphone Jack on the iPhone 7』は、人々に iPhone7 にイヤフォンジャックの穴の開け方を “教えて” いる。やり方はいたって単純。

iPhone7 の底にドリルで穴を開けるだけ。しかも動画の中では、穴が開けられた後でも iPhone はちゃんと作動しているし、音楽だって再生されているように見える。

・大半の人は「いたずらに決まっている」と気付いたが……

さて、あなたはこの動画を見て、実際にドリルで穴を開けたいと思うだろうか? きっと「こんなことして iPhone が無事なはずがない」と一笑に付したり、「気になるけれど、高価な iPhone なのでヤメておこう」と思いとどまる人が大半なはず。

けれども世界には様々な人が存在する。好奇心をくすぐられて、うっかり真似してしまった人も少なからずいたのだ。そう、彼らは、自分の iPhone7 にドリルで穴を開けてしまったのだ!

・実際に穴を開けちゃった人「人生最大の失敗」

結果はどうなったか? もちろん、ドリルを突き立てられた iPhone は死亡。試してみた人々からは、次のような悲鳴が聞かれたのだった。

「やってみたらディスプレイが壊れちゃったし、イヤフォンジャックも使えない。この動画を見たことが、人生最大の間違いだった」

「ドリルで穴を開けたら、iPhone の電源が入らず、チャージもできなくなった。ソフトフェアかアプリをインストールしなきゃいけないのかな?」

「電源も入らないし、イヤフォンジャックも作動しない。どうしたらいいんだ」

「ダマされるほうが悪い」「こんなのにダマされるだなんて、人類の未来が心配だ」との意見も聞かれるが、筆者は信じてしまう人の気持ちも分からないでもない……。海外メディア『Metro』や『Mirror』などでは、「絶対にやってはいけない」と注意喚起がなされているのだった。

・他にも “ありえないライフハック” を公開する動画主

ちなみに動画を公開した TechRax さんは、iPhone の様々な “ありえないライフハック” をアップすることで有名なお方。

他にも iPhone7 を12時間凍ったコーラにつけ込んだり、液体窒素に入れたりする動画などをアップしている。みんな、くれぐれも彼の真似をしないようにね!

参照元:Metro、Mirror、Mail Online(英語)、YouTube
執筆:小千谷サチ

この記事の動画を見る