写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターネットイニシアティブ(IIJ)は9月26日、クラウド型の企業向け統合メールセキュリティサービス「IIJセキュアMXサービス(セキュアMX)」で提供しているWebメール「MailTAP」において、「メール送信国表示」機能と「フリーメールへの注意喚起」機能を提供開始した。

MailTAPは、大容量でセキュアなメールボックス機能を提供する「メールボックスプラスオプション」に標準付帯されるWebメール。従来版でも標的型メール攻撃や情報漏えい対策に有効な機能を提供していたが、新たに2機能を追加した。

メール送信国表示機能は、受信メールの送信元IPアドレスから国情報を取得し、受信メール一覧画面に「国旗アイコン」を表示するもの。どの国から送信されたメールかがひと目で分かることにより、海外サーバから送信される実在する国内企業や組織のドメインのなりすましを見分けられ、迷惑メールや標的型メール攻撃などに対する注意喚起につながるという。

フリーメールへの注意喚起機能は、メールの送信元がフリーメールだった場合に、警告マークを付け、差出人欄に表示する。標的型攻撃に使われることが多いフリーメールの注意喚起を促すことで、メール受信時の予期せぬウイルス感染や情報漏えいを防ぐ。

(山本明日美)