来年2月1日(水)〜10日(金)の10日間、「日本最大から世界最大へ」をスローガンに、東京ビッグサイトの合計12万平米超のスペースに出展者4000社を集め開催される「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー」(主催:ビジネスガイド社)のテーマがこのほど発表された。

 まず、今回新しい試みとして、2月1日(水)〜3日(金)に開催される「Gift Show LIFE×DESIGN」のテーマは、「暮らしデザイン新時代 洋服を着替えるように、住まいを自分流にコーディネイト」。同展では、東1-3ホールを会場に、出展社500社、来場者5万人を目指しており、秋のギフト・ショーで先行開催され好評だった「SOZAI展」、家具や照明などセルフリノベに欠かせないパーツ類を集めた「renovation zone」をはじめ、ライフスタイルシーンを彩るハイデザイングッズを集め、日本の新しい暮らし方を提案する「LIFE STYLINGS 」、新進気鋭のクリエイターが集まる人気ゾーン「ACTIVE CREATORS」などで構成される。

 また、翌週2月8日(水)〜10日に開催される「第83回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2017」のテーマは、「がんばろう日本“創造と発見”新しい世界の輪」。東1〜7ホール、西1〜4ホール&アトリウムの94340平米に2700社を集め開催され、20万人の来場を見込んでいる。
 この他、「第21回グルメ&ダイニングスタイルショー春2017」「第55回東京インターナショナル・プレミアム・インセンティブショー春2017」「第1回東京インターナショナル・プレミアムビューティー・ヘルスショー」などが同時開催され、合計で総来場数30万人を目指している。