ありえない!コンビニ実録「本当にあったお客の迷惑行為」4つ

写真拡大

私たちの生活に欠かせないコンビニエンスストア。ちょっとした買い物をするのに便利で、毎日利用している方もいるかもしれませんね。

しかし、マナーの悪い利用者のせいで、コンビニで働く店員さんは毎日大変な苦労をしているそうなんです。

そこで今回は、北海道石狩市にあるコンビニエンスストアで勤務して10年以上になるベテランコンビニ店員さんにお話しを伺ってきました。すると、驚くようなマナー違反の利用客が! こんな利用客にならないように、気を付けたいと思ってしまうこと多数。早速見ていきましょう。

 

■1:未会計の商品を食べてしまう

「まだ会計していない商品を、レジで会計する前に食べてしまうお客様がいます。会計してから食べるというのは最低限のマナー。未会計のまま食べられてしまっては困ります」

スーパーマーケットでもたまに目撃する「未会計の商品を食べる」という行為。会計を待てずにお菓子の袋の封を切ってしまった我が子を叱るママさんの顔が目に浮かびます。しかし、コンビニでのそういった行為をなんと大人がやっているとのこと……。

忙しいのもわかります、食べたい気持ちもわかります。でも、最低限のマナーを守るのが社会人。恥ずかしくて目も当てられないような大人がいるのです。

 

■2:自分が落とした小銭を拾わせる

「頭に来たのは、レジでお会計のとき。代金を払う際にお客様が小銭を落としたんですよ。すると、その小銭を拾えと言ってきたんです。自分が落としたものは、自分が拾って当たり前。トラブルを避けるために頭にはきたけれど小銭を拾い、お会計を済ませました」

払おうとしたお金が意図せず落ちてしまうことはよくあること。それを自分で拾おうとせず、店員に拾えというとは……筋違いも甚だしい物言いですよね。

 

■3:適切な陳列棚とは違う棚に商品を戻す

「冷蔵商品が常温の菓子売り場にあったり、元ある場所に商品を戻さないお客様が結構多いんですよ。レジ打ちの合間に店内を見て回って整理しなおしているのですが、商品がダメになってしまうこともしばしばあります」

買おうかどうか迷った挙句、買わずに商品を返却する際は元あった場所に戻すのがマナー。温かい調理済のお惣菜を常温のコーナーに置き去りにしたり、アイスといった冷凍のものを常温の陳列棚に置き去りにしてしまうと、商品として販売することが出来なくなってしまいお店の損害になってしまいます。

迷惑行為を通り越して営業妨害といえますね。

 

■4:店内に入った虫に過剰反応する

「店内に蛾が入ってしまったときのこと。虫を捕まえろと年配のお客様が店員に一喝したんです。虫取り網を持って対応しましたが、蛾はすばしっこくすぐに捕まえられませんでした。他のお客様のレジ対応や品出しなど、コンビニ店員の仕事はたくさんあります。蛾一匹にずっと対応できるわけもなく……」

コンビニで買い物を済ませる時間はほんの少し。虫がいたと教えてくれるのは良いのですが、何度も何度も店員に「虫を捕まえろ!」と絡んできて正直迷惑だったとのこと。

“ありがた迷惑”という言葉を今一度思い出し、声はかけても何度も言うのは控えるようにしましょう。

 

いかがでしたか? まさかと思うような迷惑行為の数々でしたね。自分自身に心や時間の余裕が無いときだとしても、人としてのマナーをしっかり守って利用しましょう。また、自分の子供にもしっかりと何が良くて何が悪いか、教育していく必要がありますね。

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ コンビニで買える!女性の「心臓病」死亡リスクを下げる飲み物とは

※ アパレル販売員が「正直もう来ないで!」と言いたくなる客のNG行為3つ

※ ファミレスで「こいつ迷惑だな〜」と思われてしまう客の行動ベスト3

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 知らなきゃ損!今より「睡眠の質」を高めるための4つのポイント

 

【姉妹サイト】

※ 夫にどう呼ばれてる?「ウチの嫁or奥さん」が間違っているワケ

 

【画像】

※ Sorbis / Shutterstock.com