中国は長年にわたって一人っ子政策を実施してきた。両親と祖父母の愛情を一身に受けて育った一人っ子たちは「わがまま」になってしまったと言われている。なかには幼少から過保護で育ったため、大人になっても自分1人では何もできない人もいるという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国は長年にわたって一人っ子政策を実施してきた。両親と祖父母の愛情を一身に受けて育った一人っ子たちは「わがまま」になってしまったと言われている。なかには幼少から過保護で育ったため、大人になっても自分1人では何もできない人もいるという。

 日本と中国とでは、子どもの育て方や教育方針は大きく異なっているのが現実だ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と中国の文化の違いは「子育て」においてどのような違いをもたらしているのかを考察する記事を掲載している。

 記事はまず、日本の子育ての場合、「他人には先に挨拶をし、他人から助けてもらったら必ずありがとうと言いなさい」と教え、中国の場合は「親戚に会ったらご機嫌を伺い、他人から何かもらったら必ずありがとうと言いなさい」と教えると紹介。

 さらに、日本の場合、「公共の場所では、小さな声で話をするよう教え、他人に迷惑をかけないよう教える」と指摘しつつ、中国ではこのような教育は行われず、公共の場所では子どもたちだけでなく、親たちもうるさいと紹介。

 また、日本では「集団の意見に従うことも時には必要だが、自分の考えも持っておきなさい」と教える一方、中国では「人から攻撃されやすい先頭に立たず、目立たなければ良い」と教えることを紹介した。

 こうした例は当然ながらすべての日本人、中国人の教育方針に合致するものではないが、日本人と中国人の考え方の違いを示す事例としては参考になるだろう。中国人は血縁関係や一族を重視し、赤の他人をあまり信用しない傾向にあるが、「親戚に会ったらご機嫌を伺い、他人から何かもらったら必ずありがとうと言いなさい」という中国の教育はまさにこうした傾向を如実に示していると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)