台風17号  東部が警戒区域に  北部では午後から降水量増加/台湾

写真拡大

(台北 26日 中央社)中度台風(台湾基準)台風17号は26日正午現在、東部・花蓮の東南東約580キロの海上を時速22キロで西北西に進んでいる。中央気象局の進路予想によると、27日に東部に上陸した後、中南部を横断して台湾海峡へ抜ける見込み。気象局は26日午前11時30分、陸上台風警報を発令。花蓮、宜蘭、台東(蘭嶼・緑島含む)に対し警戒を呼び掛けた。

中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。風速13.9メートル以上の強風が吹く範囲は中心から半径250キロ。中心から半径100キロの範囲は風速24.5メートル以上となっている。

桃園以北と宜蘭では26日午前から断続的に雨になり、午後からは降水量がさらに増える見込み。花蓮や台東、中部と南部の山間部では次第に局地的に一時雨に見舞われ、夜になるにつれて雨や風が激しくなる。

台湾への影響が最も大きくなるのは27日。気象局は早めの備えを呼び掛けている。また、台北自来水(水道)事業処は、台風に伴う大雨で水源となる河川の水が濁り、水の供給に影響が出る可能性があるとし、水を蓄えておくよう利用者に促している。

(編集:名切千絵)