写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マクロミルはこのほど、「ダイエット」に関する意識調査の結果を発表した。同調査は9月8日〜11日、15〜69歳の男女2,890人を対象にインターネットで実施したもの。

この秋、ダイエットに取り組む予定があるかどうか尋ねたところ、56%が「既に取り組んでいる」「取り組む予定」と回答した。男女別では、男性は50%、女性は63%がダイエットに「既に取り組んでいる」「取り組む予定がある」と回答している。

ダイエットに「既に取り組んでいる」「取り組む予定」と回答した人に、この秋に現在の体重から何kg減らしたいかを聞くと、平均は6.9kgだった。男女別では、男性が7.0kg、女性が6.5kgとなっている。

ダイエットに「既に取り組んでいる」「取り組む予定」と回答した人に、取り組もうと思っているダイエットの方法について聞くと、1位は「運動」(66%)、2位は「食生活の改善(水を多く飲む、野菜を多く食べるなど)」(54%)、3位は「食事制限(断食・糖質制限・置き換えなど)」(50%)だった。

複数のダイエット方法を組み合わせて行う人も多く、複数回答の組み合わせで多かったのは、1位「運動×食生活の改善」(37%)、2位「運動×食事制限」(32%)、3位「食生活の改善×食事制限」(26%)だった。

過去にダイエット経験のある人に、ダイエットを失敗・挫折した理由を聞いたところ、最も多い回答は「食事制限が続かなかった」(37%)だった。次いで「なかなか結果が出ずに諦めた」(35%)、3位「運動がつらい・おっくうで続かなかった」(32%)となっている。

(フォルサ)