写真撮影/杉浦幹雄

写真拡大

新築が欲しいけれど予算的に厳しいし、中古住宅では気に入った間取りが見つからない……。そんな悩みに応えて登場したのが「中古注文」という新しい住宅のカタチ。中古住宅の軀体(くたい)や屋根、外壁だけを残し、中身をがらんどうのスケルトン状態にして販売するものだという。「中古注文」っていったい何?と、興味津々で話を聞きに行った。

屋根と外壁、構造軀体だけ。中は仕切りのないスケルトン住宅

「中古注文」とはどんなものなのか。

まずは、この新しいタイプの住宅の試行販売を始めた旭化成リフォーム流通リフォーム準備室の添野一浩さんに話を聞いた。

「中古のヘーベルハウスの鉄骨や床、壁など、まだ長く使える頑強な構造軀体を残し、内装や設備などを取り払った状態で販売する住宅です。必要に応じて販売時には外壁塗装と屋根防水に最新仕様を施します。軀体は中古ですが、それ以外は全て新築注文と同じようにオーダーメイドできます。旭化成では、“ロングライフ住宅”と称し、60年耐久の住宅『ヘーベルハウス』を販売しています。その耐久性を活かし『フレーム・ヘーベルハウス』と名付けて試行販売をスタートさせました」

すべて真新しくて、まるで新築住宅そのもの

次に、この夏「フレーム・ヘーベルハウス」を購入したSさん宅を訪れるべく、神戸市に向かった。S邸は神戸市東灘区の住宅街に建つ35坪の3階建て、築20年の中古住宅。現在、夫(61歳)と妻(59歳)の2人暮らしだという。

S邸の外観は、まさに真新しい新築住宅。ご夫婦に出迎えられ玄関から1階の浴室、和室、2階のリビング、3階の個室……とくまなく見学させていただく。ワンフロア全部を使った広いリビング、最新設備を備えたキッチン、将来の親との同居を見据えた間取り、たっぷりの収納など、Sさんのライフスタイルにぴったりの住まいは新築注文住宅そのもの。築20年の形跡はとりあえず見当たらない。

【画像1】「フレーム・ヘーベルハウス」のS邸。外壁を塗り直しているので新築のような外観に(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像1】「フレーム・ヘーベルハウス」のS邸。外壁を塗り直しているので新築のような外観に(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像2】屋上に上ると神戸の住宅街が一望できる。六甲山からの風が吹き渡り本当に気持ちがいい。このロケーションでなかなか中古物件は出ないそうだ(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像2】屋上に上ると神戸の住宅街が一望できる。六甲山からの風が吹き渡り本当に気持ちがいい。このロケーションでなかなか中古物件は出ないそうだ(写真撮影/杉浦幹雄)

骨組みを確認できて安心。将来の売却への不安は「邸別カルテ」で払拭

Sさんは同じ神戸市東灘区の約80 m2の分譲マンションに住んでいたが、将来の両親との同居を見据えて新居を購入した。当初探していたのは広めのマンションだったが、ある日、新聞の折り込み広告に目がとまった。

「神戸市東灘区 オープンハウス開催! 土地+建物+リノベーション フレーム・ヘーベルハウス」

そこには外観写真と共に鉄骨の骨組みと壁だけの内観写真が掲載されていた。興味をもち、足を運んだオープンハウスで目にしたのは、まさにスケルトン状態の一戸建て。

「『おお、すごい』と思いました(笑)。骨組みがしっかりしているのを目で見て確認できたので、まずは安心でした。普通の中古住宅だと、床下が腐っているんじゃないかとか見えない部分の不具合が気になりますが、そこはクリアできた」(夫)

内部に壁や仕切りが一切無い状態だったのも「広々したLDKとか、新しい間取りをイメージしやすかったですね」(妻)とも。

とはいえ不安もあった。「もし20年後に売ることになった場合、表記上は築40年の住宅。せっかく内装を一新しても、その価値がなくなってしまうのでは」

それに対して担当の添野さんからこんな答えが返ってきた。
「ヘーベルハウスは建物オーナーが変わっても引き継がれる“邸別カルテ”があり、建物の維持管理状況が記録されています。
築40年となっても今回のリフォーム履歴はきちんと残っており、定期点検などの管理をきちんと行っていれば同じ築年数の中古住宅より資産価値がきちんと評価できます。その経緯も含めた上で丁寧に販売のフォローをさせていただきます」

その言葉でSさんの不安は払拭。購入を決断する大きな決め手となったという。

【画像3】オープンハウスではこの状態を見ることができた。すでに外壁塗装、屋根防水は現在のヘーベルハウス新築30年耐震耐用仕様に更新済み(画像提供/旭化成リフォーム株式会社)

【画像3】オープンハウスではこの状態を見ることができた。すでに外壁塗装、屋根防水は現在のヘーベルハウス新築30年耐震耐用仕様に更新済み(画像提供/旭化成リフォーム株式会社)

親との同居や孫たちが遊びに来ることを考えてオーダー

S邸には、標準リフォーム設備、Sさんがオーダーしたもの、既存のものを利用したものがある。それらの一部を紹介しよう。

<標準リフォーム設備>
●「ドライヤー機能付き暖房機」や広い浴槽
【画像4】浴槽はTOTO製の広めのサイズ。洗面室には最新式の「ドライヤー機能付き暖房機」が付いている(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像4】浴槽はTOTO製の広めのサイズ。洗面室には最新式の「ドライヤー機能付き暖房機」が付いている(写真撮影/杉浦幹雄)

<Sさんがオーダーしたもの>
●自動洗浄機能付きの換気扇
【画像5】レンジフードの自動洗浄機能が付いた換気扇を選択。換気扇の掃除の手間を省けるスグレモノだ(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像5】レンジフードの自動洗浄機能が付いた換気扇を選択。換気扇の掃除の手間を省けるスグレモノだ(写真撮影/杉浦幹雄)

●180度開くパントリー
【画像6】動線を考え180度扉が開くように設計したパントリーは食材の出し入れがしやすく大変重宝しているそう。妻の「収納を多くしてごちゃごちゃした物を隠したい」という希望で実現した(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像6】動線を考え180度扉が開くように設計したパントリーは食材の出し入れがしやすく大変重宝しているそう。妻の「収納を多くしてごちゃごちゃした物を隠したい」という希望で実現した(写真撮影/杉浦幹雄)

●二列型のキッチン
【画像7】標準仕様はコンロとシンクが一列に収まったI型だが、Sさんはこの家の間口に合わせ家事動線を考えた二列型を選択。子どもや孫が集まり大人数の食事になることも多いので、キッチンの広さや動線にはこだわったという(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像7】標準仕様はコンロとシンクが一列に収まったI型だが、Sさんはこの家の間口に合わせ家事動線を考えた二列型を選択。子どもや孫が集まり大人数の食事になることも多いので、キッチンの広さや動線にはこだわったという(写真撮影/杉浦幹雄)

●押入れサイズのクローゼット
【画像8】クローゼットは扉を開けると布団が入る押入れサイズ。「親と同居したときのために、布団が入る奥行きが欲しい」という妻のアイデアを実現(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像8】クローゼットは扉を開けると布団が入る押入れサイズ。「親と同居したときのために、布団が入る奥行きが欲しい」という妻のアイデアを実現(写真撮影/杉浦幹雄)

<既存の設備をそのままにした箇所>
●玄関ドア・窓サッシ
【画像9】玄関ドアは20年前の建築当時のものを使用。ほかの部屋の窓サッシも既存のものを使用している(写真撮影/杉浦幹雄)

【画像9】玄関ドアは20年前の建築当時のものを使用。ほかの部屋の窓サッシも既存のものを使用している(写真撮影/杉浦幹雄)

新築の同じメーカーの住宅に比べ4割安く購入できた

さて、Sさんが購入した中古注文。実際のところ、安かったのか高かったのか。
建物にかかった費用と同じ土地に新築一戸建てを建てた場合を比較検証してみた。

・S様邸フレーム・ヘーベルハウス:35坪
建物本体価格535万円+塗装・防水(30年耐久)510万円+改装費975万円+税
=2181万6000円(土地代は別途)

・新築ヘーベルハウス:35坪
建物(35坪×80万円)2800万円+安全対策・別当工事費400万円+申請管理費100万円+税
=3556万円

差額:3556万円-2181万6000円=1374万4000円

差額は約1400万円。ヘーベルハウスの新築より約4割安い価格で建物を購入できたわけだ。

「実は買ってからも、結局安い買い物だったのか高い買い物だったのか分からなかったんです。周辺の新築にはここより安い物件もあるし……。でも、同じヘーベルハウスの新築より1400万円安かったと聞いて納得しました。住んでみると、窓枠は古いままなので開け閉めするときに『新築とは違うな』と感じることがありますが、それだけで約1400万円安いのだから、大満足です」とSさん。

添野さんは「現在、年間500件を超えるヘーベルハウスが売却されており、今後は築20年を超えるヘーベルハウスが急増するため、売却が一層増えると予想されます。60年を超える耐久性の特性をいかし、購入者に新築さながらの住まいを楽しんでいただきたいと思っています。来年度は年間50件をフレーム・ヘーベルハウスとしてリフォームしていきたい」と語っている。

憧れの一戸建てがぐっと身近に

「中古リフォームと何が違うんだろう?」と疑問を抱きつつ取材を始めた筆者。
実際にS邸を見て、中古とはいえスケルトン状態にして販売されるので、オーダーメイド感が高いと感じた。また、計算してみると新築より1400万円安かったことが分かり、マンション住まいの筆者にとって夢の一戸建てがぐっと身近に感じられた取材だった。

「中古注文」は従来の中古住宅とは一線を画す新しいタイプの住宅だ。今後、販売数も増えてきそうなので、住宅購入の選択肢が広がりそうだ。

●取材協力
旭化成リフォーム株式会社