合コンは最下位!2位街コン「いいなと思う異性に出会える場」1位は

写真拡大

独女のみなさん、「今年の夏もひとりだったな……」と嘆いていませんか? 秋はウェディングに呼ばれることも多い上、冬はクリスマスや忘年会とパーティーやイベントが目白押し。独女にとっては一層寒い季節です。

では、「年末までにはぜひとも彼氏を見つけたい!」と意気込む独女はどのように“恋活”をすべきなのでしょうか?

そこで今回は、ネットマーケティングが運営する恋愛マッチングサービス『Omiai』が男女約4,115人を対象に実施した「“恋活”に関する実態調査」の結果をご紹介しましょう!

■「いいな」と思う異性に出会う方法、なんと1位は“ナンパ”!

調査は、合コン、街コン・交流パーティー、友人・知人の紹介、ナンパそして恋活アプリを通じた異性との出会いで、回答者が経験のあることに対してアンケートをとったもの。

まず、「1年間にどれくらいの回数、恋活をしていますか?」と尋ねると、圧倒的1位は「恋活アプリ」でなんと1年間で平均268回!

2位は「ナンパ」で年5回、同率3位は「合コン」、「街コン・交流パーティー」で各4回ずつ。最も少なかったのは、「友人・知人の紹介」で年2回となりました。

次に「どれくらいの確率で、いいなと思う異性に出会えると感じますか?」と尋ねると、

1位・・・ナンパ(32.5%)

2位・・・街コン・交流パーティー(26.1%)

3位・・・恋活アプリ(25.3%)

4位・・・友人・知人の紹介(24.0%)

5位・・・合コン(23.4%)

と、「ナンパ」が最も確率が高いという意外な結果に!

■実際に結婚に発展した出会いの場No.1は?

上記の調査結果を見ると、「恋活アプリ」は出会いの数が多く、恋人ができる確率も高いようです。反面、

(1)アプローチしてくる多くの異性のプロフィールや写真を吟味する

(2)オンライン上でコミュニケーションする

(3)実際に会う

と、いくつかのプロセスを経ることに。ですが、スマホで恋活できるという手軽さもあり、電車での移動中や仕事の休憩中といったスキマ時間を活用できるメリットがあります。

では、実際に結婚した人々が、パートナーと出会った場所はことが多いのでしょうか?

『VenusTap』の過去記事「え…3位はネット!? 既婚男女に聞いた“結婚相手と出会った場所”1位は」によると、

1位・・・「職場」(27.7%)

2位・・・「友人の紹介」(20.5%)

3位:・・・「インターネット」(9.2%)

4位・・・「専門学校・大学・大学院」(9.0%)

5位・・・「コンパ(街コン等含む)」(7.2%)

という結果でした。

1位の「職場」が圧倒的に多いのは、意識せずに出会い、毎日顔を合わせて話す機会が自然に持てる上、社内イベントなどで相手のよさをじっくり学ぶことができるためでしょう。

2位の「友人の紹介」は筆者の周りでも圧倒的に多く、お付き合いから結婚に発展したパターンも多数。“友人の知り合い”という安心感があり、友人にキューピッド役を頼める可能性も高いのでオススメです。

出会いの場所がどこであれ、恋に発展する可能性は常にあるもの。

この秋は、出会いを意識した恋活だけでなく、イベントに参加したり、ボランティアをしたり、習い事を始めるなど、出会いの機会を広げてみてはいかがでしょうか?